yusuke yamatani
to hold an exhibition "I came back home"

ヨーロッパツアーを終えた写真家・山谷佑介による展覧会「I came back home」が全国6都市で開催へ

yusuke yamatani to hold an exhibition "I came back home"
yusuke yamatani to hold an exhibition "I came back home"
News/

ヨーロッパツアーを終えた写真家・山谷佑介による展覧会「I came back home」が全国6都市で開催へ

yusuke yamatani
to hold an exhibition "I came back home"

身の回りのユースカルチャーを切り取った写真集『Tsugi no your e』(2013)で一躍脚光を浴び、これまでにライブハウスやナイトクラブの床を捉えた『ground』(2014)や自身の新婚旅行を一冊にした『RAMA LAMA DING DONG』(2015)、赤外線カメラで夜の住宅地を撮影した『Into the Light』(2017)で国内外から高い評価を集めてきた写真家・山谷佑介。

新作となるパフォーマンスと写真撮影を融合させたセルフポートレート作品「Doors」を提げ、2019年9月にはヨーロッパツアーを敢行。今回、ツアーの帰国報告展覧会として「I came back home」展を開催。新潟を皮切りに、全国を巡回していく。

「Doors」は、山谷佑介が考案した特殊な装置を用いることで、作家自身の意思を排したセルフポートレートを撮影するプロジェクト。ドラムを叩いた振動をセンサーが感知すると、ドラムセットの周囲に設置した3台のカメラによってパフォーマンスはもちろん、観客や会場の様子を撮影。パソコンを介して複数台のプリンターから絶えず写真がプリントされていくというユニークな作品だ。

2018年春よりスタートした「doors」のパフォーマンスは、2019年の Tokyo Art Book Fair でも披露されるなど、その不規則なシャッターとフラッシュの連続で多くの人に衝撃を与えてきた。そして、2019年9月に必要な機材をバンに詰め込み、ヨーロッパ6カ国を巡回。走行距離4,980km、全8回のパフォーマンスで撮影された写真はなんと3,563枚。今回の「I came back home」展では、そこで撮影されたすべての写真をプリンターから出力し、積み上げるように展示。来場者はそのプリントを自由に持ち帰ることができるという。詳細は、山谷佑介の公式ホームページより確認してほしい。ちなみに、ヨーロッパツアーをまとめた写真集は限定受注生産となっており、展示会場にて最終予約が可能。完成後、書店では販売されないコレクターズアイテムだけに、お見逃しなく。

山谷佑介は今回の旅について以下のように振り返っている。
「俺はずっと剥ぎ取ろうとしてきた。でも、取ろうとしないで、こちら側を剥ぎ取った。そしたらそこには優しい世界がありました。」

share