Alexander McQueen
announces its "fabric donation"

アレキサンダー・マックイーンが英学生に向けて“ファブリック・ドネーション”をスタート

Steven Stokey-Daley
©Liam Leslie

Alexander McQueen announces its "fabric donation"
Alexander McQueen announces its "fabric donation"
News/

アレキサンダー・マックイーンが英学生に向けて“ファブリック・ドネーション”をスタート

Alexander McQueen
announces its "fabric donation"

Alexander McQueen (アレキサンダー・マックイーン) がアーカイブ生地を英大学の学生に寄付する“ファブリック・ドネーション”を発表した。

Sarah Burton (サラ・バートン) は下記のように語っている。
「アレキサンダー・マックイーンの特徴として、コレクションのリサーチとデザインに使用するすべてのものはアーカイブとして保存されています。私達は何も捨て ず、無駄にすることはありません。」

この取り組みは、Sarah Burton (サラ・バートン) が導入した実践的な教育プログラムの一環。2019年1月にロンドンのボンドストリートに位置する Alexander McQueen の旗艦店にインスタレーション、トークセッション、イラストや学習のワークショップが行えるエデュケーションスペースが開設されて以来、ブランドはイギリスのファッション大学とその学生たちと関係を築いてきた。

ブランドは生地や素材を必要とする学生へ寄付することを念頭に置き、過去10年間にわたってメンズ・ウィメンズ量コレクションのサンプルとプロダクションで残った生地を保存してきた。今回、この余ったアーカイブ生地をイギリスのファッション大学の学生の創作活動のために寄付することで、Alexander McQueen はイギリスのファッション大学や専門学校に集うインターナショナルかつクリエイティビティ溢れる才能のある若者たちに新たなエールを表明している。

実際にウエストミンスター大学の Steven Stokey-Daley (スティーブン・ストーキー=デイリー) は、Alexander McQueen のアーカイブ生地を使用したルックを卒業制作のコレクションの中で発表している。

「学生達は私たち全員にインスピレーションを与えると同時に、私自身学生時代に卒業制作のために生地を買う余裕がないことが、どれほど厳しいことだったかを思い出しました。」

Sarah Burton が今回の取り組みについて下記のようにコメントしている。

「私はとてもラッキーでした。アレ キサンダー・マックイーンで初めて働き始めたとき、リー(リー・アレキサンダ ー・マックイーン)が私の卒業制作の為に生地を援助してくれました。しかし、昨今そのようなことはさらに難しくなっている中で、我々は貴重な資源をより適切に使用される必要があると、私たち全員が感じたのです。」

share