Saint laurent
introduces new exhibition of betty catroux at Musée Yves Saint Laurent Paris

イヴ・サンローラン・パリ美術館にて“永遠のファッションアイコン”ベティ・カトルー展が開催

Photo by Steven Meisel

Saint laurent introduces new exhibition of betty catroux at Musée Yves Saint Laurent Paris
Saint laurent introduces new exhibition of betty catroux at Musée Yves Saint Laurent Paris
News/

イヴ・サンローラン・パリ美術館にて“永遠のファッションアイコン”ベティ・カトルー展が開催

Saint laurent
introduces new exhibition of betty catroux at Musée Yves Saint Laurent Paris

Saint Laurent (サンローラン) がイヴ・サンローラン・パリ美術館にて Betty Catroux (ベティ・カトルー) の特別展を開催することを発表した。

Betty Catoux は、永遠のファッションアイコンとして多くのデザイナーに影響を与えたパリのファッション界の著名人。これまでに Helmut Newton (ヘルムート・ニュートン) や Irving Penn (アーヴィング・ペン)、Steven Meisel (スティーブン・マイゼル) ら一流のアーティストたちが彼女を撮影してきた。創業者 Yves Saint Laurent (イヴ・サンローラン) の“盟友”としてもひろく知られており、今もなお Saint Laurent のキャンペーンに起用されるなどブランドとも蜜月関係にある。

Photo by David Sims

今回の展覧会では、Betty Catroux からピエール・ベルジェ=イヴ・サンローラン財団へ寄付された作品を展示。彼女のコレクションは180点のオートクチュールに加えて、Yves Saint Laurent がプレタポルテラインである「イヴ・サンローラン リヴ・ゴーシュ」のためにデザインした138点のアイテムとアクセサリーで構成。Saint Laurent の現クリエイティブ・ディレクターである Anthony Vaccarello (アンソニー・ヴァカレロ) は彼女自身のワードローブや今でも Saint Laurent のスタイルに影響を与え続けているアイテムをセレクトし、Betty Catroux の美学を本展で探求する。

本展では、1967年にナイトクラブ「The New Jimmy’s」で Yves Saint Laurent が初めて出会った時に表現した彼女の「マスキュリンでありながらフェミニンなスタイル」を反映した50のデザインを展示。また、オートクチュールハウスが1960年代にはじまり2002年にクローズするまで探究を続けてきた「サンローランスタイル」の全ての歴史についても詳しく解説されるなど、まさに見所満載の展覧会となっている。

Anthony Vaccarello は Betty Catroux について下記のように語っている。
「ベティの存在そのものが、サンローランを体現しています。魅力的であり、ミステリアス。不条理ともいえる側面を持ち、捉えどころがないけれど誰もが憧れるカリスマ的存在。そのすべてがハウスの根底にあるのです。ベティに会えばその存在の偉大さが分かります。」

share