max mara
launches the 5th anniversary limited “whitney bag”

マックスマーラのアイコン「ホイットニーバッグ」、誕生より5周年を記念した限定アイテムを発売

max mara launches the 5th anniversary limited “whitney bag”
max mara launches the 5th anniversary limited “whitney bag”
News/

マックスマーラのアイコン「ホイットニーバッグ」、誕生より5周年を記念した限定アイテムを発売

max mara
launches the 5th anniversary limited “whitney bag”

アーティストであり、慈善家でもあった Gertrude Vanderbilt Whitney (ガートルード・ヴァンダービルト・ホイットニー) により、1930年にニューヨークに創設されたホイットニー美術館。2015年に移転した同美術館の開館を祝し、Max Mara (マックスマーラ) とレンゾ・ピアノ ビルディング ワークショップのコラボレーションによってデザインされた「Whitney Bag (ホイットニーバッグ)」が誕生より5周年を迎え、限定アイテムを発売する。

記念すべき5周年となる今年、Max Mara のアイコニックなバッグがアップデートし装いを新たに登場する。創設当初よりアメリカンモダンアートのサポーターとして精力的な活動を展開してきたホイットニー美術館において、重要な存在である米国人画家 Florine Stettheimer (フローリン・ステットハイマー) へのオマージュとして作成された5周年限定の「Whitney Bag」は、時代を牽引するフェミニストであり活動家でもあった彼女が1931年に制作した作品「Sun」からインスピレーションを受けている。

Florine Stettheimer (1871-1944), Sun, 1931. Oil on canvas, with frame, 43 5/8 × 31 3/4 × 2 1/8 in. (110.8 × 80.6 × 5.4 cm). Whitney Museum of American Art, New York; purchase 73.36a-b

 

柔らかな高品質レザーを使用し、ホイットニー美術館の建築構造をインスピレーションソースとして 作られた「Whitney Bag」は、スチール製タイビームの外観を彷彿とさせる独特のリブが特徴。徐々に繊細になるグラフィカルなラインは、伝統的なレザークラフトと革新的な産業技術を融合して作成されたもの。真ちゅう製のプレートを使用して成形したレザーストリップを、トップスティッチでつなぎ合わせることにより美しいパターンを生み出している。
美術館のファサードをイメージしたバックルなどのメタルパーツは、全てレンゾ・ピアノ ビルディングワークショップによる建築プロジェクトの金属構造部品に基きデザインされている。

今回新たに登場する「Whitney Bag」は、Florine Stettheimer の「Sun」からインスパイアされた5つのカラーバリエーションにて展開される。バッグ内部のライニングにはフローラルプリントのデザインが配され、見えない部分にも温もりを感じる。構築的でスタイリッシュなスクエア型のフォルムとは裏腹に、幻想的かつあたたかみのある印象に仕上げられている。
芸術作品を持ち歩くような特別な感覚を与えてくれる5周年限定の「Whitney Bag」は、オンラインショップにて4月10日より発売予定。

share