the club
launched new project "THE CLUB COLLECTIVE COVID-19 Relief Fund"

ニコラス・ハットフルや猪瀬直哉ら7名のアーティストたちが参加、国境なき医師団を支援するチャリティプロジェクトが始動

©️Naoya Inose

the club launched new project "THE CLUB COLLECTIVE COVID-19 Relief Fund"
the club launched new project "THE CLUB COLLECTIVE COVID-19 Relief Fund"
News/

ニコラス・ハットフルや猪瀬直哉ら7名のアーティストたちが参加、国境なき医師団を支援するチャリティプロジェクトが始動

the club
launched new project "THE CLUB COLLECTIVE COVID-19 Relief Fund"

銀座のアートギャラリー THE CLUB (ザ クラブ) が、新型コロナウイルス感染症で危機的状況にある社会に貢献する取り組みとして、7人のアーティストによる描き下ろしの作品をもとにチャリティプロジェクトを発足した。

本プロジェクトに参加した作家は、猪瀬直哉、山下紘加、Claudia Peña Salinas (クラウディア・ペニャ ・サリナス)、Detanico Lain (デタニコ・レイン)、Jackie Saccoccio (ジャッキー・サコッチオ)、Kour Pour (コア・ポア)、 Nicholas Hatfull (ニコラス・ハットフル) の7名。特別に制作されたA4サイズの作品群は、アーティストたちのメッセージとともに THE CLUB の Instagram アカウント @theclub.tokyo にて発表。また、一作品10万円 (消費税、送料別) という価格で4月21日(火)10:00より先着順で販売しており、売り上げの全ては新型コロナウイルス感染症への医療援助活動および感染症拡大の影響に伴うその他の援助活動を行う、国境なき医師団 (MSF) に寄付されるという。

長い歴史のなかでも、世界を時代を映し出す鏡という役割を果たしてきたアート。こんな時だからこそ、ひとの心を豊かにするアートのパワーを感じてみてほしい。

share