chanel
Cruise 2020/21 collection

シャネルが誘う「地中海を巡る旅」、2020/21年 クルーズ コレクション

© Karim Sadli

chanel Cruise 2020/21 collection
chanel Cruise 2020/21 collection
News/

シャネルが誘う「地中海を巡る旅」、2020/21年 クルーズ コレクション

chanel
Cruise 2020/21 collection

CHANEL (シャネル) が2020/21年クルーズコレクションを6月8日にオンライン上で発表した。

アーティスティックディレクターの Virginie Viard (ヴィルジニー・ヴィアール) は以下のように語る。
「最初は、カプリを思い描いていました。ショーの開催予定地でしたが、ロックダウンの影響で実現することはなく、その状況に対応する必要に迫られました。すでに決定していたファブリックを活用し、さらに広い概念で地中海――ユーカリの香りに包まれ、ブーゲンビリアのピンクの色彩に溢れた島々――を巡る旅へとコレクションを進化させたのです」

「Balade en Méditerranée (地中海を巡る旅)」をテーマにした CHANEL 2020/21年クルーズコレクションで、Virginie Viard が提案したのはパリ・シックをモダンにアップデートしたリゾートウェア。フォトグラファーの Karim Sadli (カリム・サドリ) が地中海の美しい景色を背景に Mica Arganaraz (ミカ・アルガナラズ) Camille Hurel (カミーユ・ユレル) を撮影したコレクションイメージがお目見えした。Cris Herrmann (クリス・ハーマン) と Karly Loyce (カーリー・ロイス) も出演する映像は Julien Pujol (ジュリアン・プジョル) が手がけている。

大胆なカッティングやミニスカートから伸びる脚、ブラックのシースルードレスやツイードジャケットにスイムウェアの組み合わせ、開放的でリラックスしたムードが満ちるコレクションには、イタリアやフランスのリヴィエラで休暇を過ごした1960年代の伝説的な女優たちの姿が重なる。「キャスター付きの小さなスーツケースで持ち運べるワードローブ、トートバッグ、そして刺繍をあしらったハンドバッグ」を携えた身軽な旅をイメージしたという本コレクションは、トータルコーディネートで楽しみたいルックが目白押しだ。

注目したいのが、ウエストでレイヤードされたベルト使いや存在感を放つネックレス、リゾートスタイルにぴったりのバングルといったアクセサリー。Virginie Viard らしい遊び心ある自由な感性が光る。また、スパンコールやビジューをまとったCHANEL のアイコニックなハンドバッグをはじめ、リゾートにぴったりなストロー素材や巾着型、ミニサイズなど様々なバッグが展開されている点も見逃せない。

CHANEL からはミラノを拠点とする写真家 Bea De Giacomo (ベア・デ・ジャコモ) 撮影による地中海の風景も到着。この美しい景色を夢見ながら、ロマンス薫る CHANEL の最新コレクションを堪能してほしい。

share