bally
celebrates its 170th Anniversary with "bally a-z"

創設170周年を迎えるバリーがその歴史を辿るスペシャルプロジェクト「Bally A-Z」をスタート

bally celebrates its 170th Anniversary with "bally a-z"
bally celebrates its 170th Anniversary with "bally a-z"
News/

創設170周年を迎えるバリーがその歴史を辿るスペシャルプロジェクト「Bally A-Z」をスタート

bally
celebrates its 170th Anniversary with "bally a-z"

1851年にシューメーカーとして創業されたスイスのラグジュアリーブランド Bally (バリー) が2021年に170周年を迎える。この大きな節目を記念して世界中のクリエイターとコラボレーションしたスペシャルプロジェクト「Bally A-Z」がローンチされた。

「Bally A-Z」は、1851年から現在に至るまで Bally のブランドコードやDNAの礎となった逸話やユニークな物語から生まれたイラストで描かれたアルファベットをブランドの公式 Instagram (インスタグラム) アカウント上で毎週リリースしていくプロジェクト。これまでに Bernard Villemot (ベルナール・ビューモ) や Emil Cardinaux (エミル・カルディノー) といった著名アーティストとタッグを組んできた Bally らしく「Bally A-Z」でも世界中の有名なクリエイターとコラボレーション。

ブルックリンを拠点とする著名イラストレーターの Abbey Lossing (アビー・ロッシング)、イラストレーションスタジオ「It’s Raining Elephants」を主宰するスイスのデュオ Nina Wehrle (ニーナ・ウィール) と Evelyne Laube (エヴェリン・ローブ)、バルティモアで活躍する George Wylesol (ジョージ・ウィルソル)、アメリカ生まれのビジュアルアーティスト Bryce Wymer (ブリス・ワイマー) 、そしてオランダの漫画家 Lennard Kok (レナード・コック) が参加。アルファベットを通じて Bally のストーリーをそれぞれ独自のスタイルで描き出した。

たとえば、Abbey Lossing による「C」は創設者 Carl Franz Bally (カール・フランツ・バリー) と妻 Cecyle (セシル) の愛の物語を、George Wylesol によるブランドのイニシャル「B」ではミラノの旗艦店「Bally Haus」について描かれている。

「Bally A-Z」でそれぞれのイラストを楽しみながら、そこで語られるブランドのこれまでの歩みを振り返り、Bally の170周年を一緒にお祝いしたい。

share