Valentino
FALL/WINTER 2020-21 Haute couture COLLECTION

まっさらな白に映し出された無限の可能性、ヴァレンティノ2020-21年秋冬オートクチュールコレクション

©VALENTINO

Valentino FALL/WINTER 2020-21 Haute couture COLLECTION
Valentino FALL/WINTER 2020-21 Haute couture COLLECTION
News/

まっさらな白に映し出された無限の可能性、ヴァレンティノ2020-21年秋冬オートクチュールコレクション

Valentino
FALL/WINTER 2020-21 Haute couture COLLECTION

Valentino (ヴァレンティノ) が Pierpaolo Piccioli (ピエールパオロ・ピッチョーリ) による2020-21年秋冬オートクチュールコレクションをイタリア・ローマで発表した。本コラボレーションは、Nick Knight (ニック・ナイト) とのコラボレーションによるライブパフォーマンス形式を採用。ローマのチネチッタ・スタジオにおいてイタリア国内に拠点を置く一部のファッションレビュアーのみを招いたエクスクルーシヴなショーとなった。

コレクション発表前のおよそ2週間前に Valentino は今回のパフォーマンスのインスピレーションを公開。「Of Grace and Light」という言葉とともに映し出された抽象的なモノクロームの映像から想像を膨らませた人も多かったかもしれない。

真っ黒な空間の中、光に照らしだされたシルエットの影から始まったライブパフォーマンス。贅沢にフェザーをあしらったドレスかと思いきや、モデルが宙にどんどん浮かび上がると、なんとモデルの背丈の2倍ほどのガウンであることが判明。Nick Knight の映像と相まり、現実に行われていることとは思えない幻想的なショーが幕を開ける。

Pierpaolo Piccioli は、人の手によって形が作られ、生命が吹き込まれる、人間の行いとしてのファッションにフォーカス。15のシルエットが会した空間で新しいスタートを着想した。全ての色を足した色でもあるホワイトで統一されたコレクションは、まっさらな新しい始まり、そして限りない可能性を表現。気が遠くなるような細やかな作業を経てアトリエで生み出される純粋なファッションの夢が、Nick Knight の腕によって見事開花している。

引き伸ばされたシルエットによって Valentino が誇る職人による細やかな手仕事がより際立たされ、色とりどりの花を映し出したデジタルプロジェクションによってシェイプ、プリント、モチーフ、エンブロイダリーといったコレクションに込められたエレメントに光が当てられている。

Pierpaolo Piccioli と Nick Knight の対話によって生み出された、人とデジタル、そしてファッションの新たな可能性は、わたしたちにまた新しい夢を与えてくれている。

share