Isetan
and Yuriko e to launch a new project ‘&ISSUE’

"バイナウ" よりも "オーダー" を。伊勢丹が受注生産をベースにした新プロジェクト 「&ISSUE」 を9月始動

Isetan and Yuriko e to launch a new project ‘&ISSUE’
Isetan and Yuriko e to launch a new project ‘&ISSUE’
News/

"バイナウ" よりも "オーダー" を。伊勢丹が受注生産をベースにした新プロジェクト 「&ISSUE」 を9月始動

Isetan
and Yuriko e to launch a new project ‘&ISSUE’

伊勢丹がスタイリストの井伊百合子をディレクターに迎えて立ち上げた新プロジェクト 「&ISSUE(アンドイシュー)」。既存のファッションサイクル・システムに問題意識を持つ両者が、考えに賛同する 6ブランドと手を組み、今年の秋より新たな受注&デリバリーのプロジェクトをはじめる。

<SEEALL> のワークジャケットとベルテッドパンツ、<BEAUTIFUL SHOES>のレースアップサイドゴアブーツ

本プロジェクトを立ち上げたのは 「あたらしいラグジュアリー」 をテーマに掲げる伊勢丹新宿店本館4階のセレクトショップ 「プライムガーデン」。デザイン以前のプロセスの質や素材づくりからこだわりハイクオリティな⽇常着を提案する国内6つのブランドとコラボレーションし、別注の色バリエーションを含めた 14アイテムを制作する。

ディレクターを務めるスタイリストの井伊百合⼦は 「受注⽣産という⽅法、 また、デザイナーさんの考えを伝える機会をつくることを提案させていただきました。ひとつのものができあがるまでの時間を発信し、アイテムが届くのを待つあいだも、商品がつくられていく過程をインスタグラムで実況中継のようなものをお届けできればと考えています」 とコメント。豊かな暮らしのなかの 「余⽩」 を楽しむような、新しいラグジュアリーの価値観を創出していく。

これらの別注プロダクトは、9⽉1⽇(⽔)〜7⽇(⽕)の期間に伊勢丹新宿店 本館 4階ザ・ステージ#4 で⾏われる⼀般受注会と三越伊勢丹オンラインストアにて注⽂受付。11⽉頃より随時デリバリーを行う。主に既成服を扱う百貨店にとって、このような受注生産の手法は革新的な試みといえるだろう。詳細は下記リンクからチェック。

 

&ISSUE :www.instagram.com/and.issue

share