chanel             
holds guy bourdin’s exhibition at kyotographie

シャネル・ネクサス・ホールがKYOTOGRAPHIE2022にて「The Absurd and The Sublime ギイ ブルダン展」を開催

© The Guy Bourdin Estate 2022 Courtesy of Louise Alexander Gallery

chanel              holds guy bourdin’s exhibition at kyotographie
chanel              holds guy bourdin’s exhibition at kyotographie
News/

シャネル・ネクサス・ホールがKYOTOGRAPHIE2022にて「The Absurd and The Sublime ギイ ブルダン展」を開催

chanel             
holds guy bourdin’s exhibition at kyotographie

趣のある歴史的建造物やモダンな近現代建築など京都ならではのロケーションを舞台に、国内外から選び抜かれた写真が街全体を彩る KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭。記念すべき10周年を迎える、シャネル・ネクサス・ホールは東京・銀座で開催され、人気を博した「The Absurd and The Sublime ギイ ブルダン展」を巡回する。

滑稽と崇高 ( The Absurd and The Sublime )、その紙一重の合間を弄ぶような意外性を常に兼ね備え、緻密に構成された作品で、Guy Bourdin(ギイ・ブルダン)はファッション写真を、優れた芸術へと押し上げた。本展では、ギイ ブルダンのアイコニックな作品に加え、貴重なアーカイブからオリジナルプリントも展示。これらのモノクロのヴィンテージ写真から、彼の初期の実験と独特のスタイルの進化を見ることができる。KYOTOGRAPHIE への巡回展では、新たな会場デザインを採用し、山口小夜子をモデルに起用したイメージをはじめとするカラー写真を数点、さらに彼の創作の過程を知るうえで大変貴重な資料であるポラロイド写真、彼の作品が掲載された当時の雑誌や記録映像などを追加展示予定。

明治の近代建築を代表するレンガ建築の京都文化博物館 別館にて、Guy Bourdin の創造プロセスを例示し、不可解なイメージやシュルレアリスム映画に対する彼の好奇心に光が当たる。

 

 

share