aēsop
New fragrance experience

イソップが「五感を刺激する新たなフレグランス体験」を一部店舗にて実施

©︎Aēsop

aēsop New fragrance experience
aēsop New fragrance experience
News/

イソップが「五感を刺激する新たなフレグランス体験」を一部店舗にて実施

aēsop
New fragrance experience

オーストラリア・メルボルン発のスキンケアブランド Aēsop (イソップ) がフレグランスにフォーカスした新たな取り組みを実施。現実と空想が交錯する風景に着想、名高い建築家にインスピレーション源、伝統的なコロンを現代的に解釈したフレグランスまで。今まで Aēsop が発売してきた、新鮮で枠にとらわれない発想で開発された7つのオードパルファムをもとに、「香る」だけでなく目や手で、そして耳で香りを感じられるフレグランスコーナーを一部店舗にて体験できる。

Aēsop がフレグランス製品を開発する際に重視するのは、実際に香りをまとう人のこと。 その人の記憶や神話に結びつく物語の要素と、あらゆるジェンダーや個性を持つ人々を満たすように何層にも重ねられた香りを複雑に融合させることで、好奇心をくすぐる魅惑的な香りを生み出す。そんな Aēsop の香りづくりのきっかけを現実に再現したのが今回の取り組み。イメージした空想の風景の映像や、歌やファウンドサウンド、話し言葉などから香りを連想する音の描写など、さまざまな感覚を刺激する手法で香りを紐解いていく。

©︎Aēsop

最も目を引くのは、Aēsop シドニー店のセンソリウムでのフレグランス体験。店舗内には空中を波のように漂う香りを表現した巨大な湾曲空間が設けられている。この空間の内部には調香師のインタビュー映像などを取り入れたりなど、ユニークな方法で香り製品を試すことができる。日本では、金沢フォーラス店のフレグランス アルモワ―ル、名古屋 栄店と天王寺ミオ店のフレグランス ライブラリーにて新たな香りの体験を提供。ここでは、スカーフやコートなどに、気に入ったフレグランスの香りづけをしてもらうことも可能だ。

share