chanel
Chanel's 2022-2023 Fall / Winter Haute Couture Collection Announced

シャネル 2022-2023 秋冬 オートクチュール コレクションは1930年代を思わせるレトロな形や色づかい。

©︎CHANEL

chanel Chanel's 2022-2023 Fall / Winter Haute Couture Collection Announced
chanel Chanel's 2022-2023 Fall / Winter Haute Couture Collection Announced
News/

シャネル 2022-2023 秋冬 オートクチュール コレクションは1930年代を思わせるレトロな形や色づかい。

chanel
Chanel's 2022-2023 Fall / Winter Haute Couture Collection Announced

7月5日に CHANEL (シャネル)の2022-23 秋冬 オートクチュール コレクション ショーが発表された。2022 春夏に引き続き、グザヴィエ ヴェイヤンが演出を手掛けたことにより、前回のショーの流れを汲みつつ、さらに遊びを効かせた世界観に仕上がった。

コレクションは1930年代を彷彿とさせる、丸みを帯びた肩、スクエア型に開いた背中、ジオメトリックな形状や模様の刺繍が目立つ。さらに、カラーパレットは、鮮烈なグリーン、カーキ、ベージュ、ピンク、また黒とシルバーで構成されており、どこか懐かしさを感じさせる配色だ。

アーティスティック ディレクターのヴィルジニー ヴィアールはこう語る。
「この新しいコレクションでは、ガブリエル シャネルが1930年代に思い描いていたようなスーツや、身体に添ったロング ドレスが登場します。肩のシルエットが強調されていながらも登場するプリーツのウェディングドレスは、その一例です。」

さらに以下のようにも語る。
「私はグラフィックなアプローチをナチュラルなルックで崩すのも好きです。軽やかでフェミニンで、着るためにデザインされた服。これ以外のものは考えられません。」

グザヴィエ ヴェイヤンは本コレクションのテーマともなっている視覚的なカモフラージュからインスピレーション得て、会場を演出。ストライプや円状のシェイプなどで彩ること、遊び心を表現し、衣装に釣り合うセットに作り上げた。

share