Tetsuya suzuki
launches new books

元ハニカム編集長、鈴木哲也が書籍を発表。発売を記念して写真家・鈴木親とのトークショー開催へ

【頁 数】124P 、【サイズ】H210mm×W128mm (A5版)
、【出 版】mo’des book ¥1,000 (税別)

Tetsuya suzuki launches new books
Tetsuya suzuki launches new books
News/

元ハニカム編集長、鈴木哲也が書籍を発表。発売を記念して写真家・鈴木親とのトークショー開催へ

Tetsuya suzuki
launches new books

ファッションに限らず音楽やアートなど様々な分野に影響を与えたWebマガジン 「honeyee.com (ハニカム)」の元代表・鈴木哲也が、書籍『僕が見た「90年代」のポップカルチャー』を9月1日に発売する。発売を記念して、8月31日の20時から東京・原宿のブックストア BOOKMARC (ブックマーク) にてトークイベントを開催。同イベントでは先行販売も実施する。

本書は、雑誌『smart』編集長や「honeyee.com」の編集長として活躍してきた鈴木哲也が、2021年からスタートしたオンラインサロン「RoCC」での連載「2D (Double Decades of pop life in tokyo)」に新たな書き起こしを加えたもの。「裏原宿」、「渋谷系」などのムーブメントや 「A.P.C(アーペーセー)」、1996年公開の映画「トレインスポッティング」、「藤原ヒロシ」、音楽グループ「Pizzicato Five (ピチカート・ファイヴ)」など、1990年代から2000年代にわたる20年間に流行したポップカルチャーを、鈴木独自の視点で切り取った内容となっている。

同書の発売に伴い、 BOOKMARC にて著者の鈴木哲也と写真家の鈴木親を迎えてトークショーとサイン会を開催。今回をきっかけに、90年代を今一度振り返るもよし、新たに学ぶもよし。まずは、TFPが過去におこなったインタビューをチェックしては。
鈴木哲也氏のインタビュー「ハニカムのこれまでと今後」

share