CHANEL
spring summer 2023 ready-to-wear collection

モダニティと軽やかさの融合。シャネル 2023年春夏 プレタポルテ コレクション

©︎ CHANEL

CHANEL spring summer 2023 ready-to-wear collection
CHANEL spring summer 2023 ready-to-wear collection
News/

モダニティと軽やかさの融合。シャネル 2023年春夏 プレタポルテ コレクション

CHANEL
spring summer 2023 ready-to-wear collection

CHANEL (シャネル) が Virginie Viard (ヴィルジニー・ヴィアール) による2023年春夏 プレタポルテ コレクションを10月4日に発表した。ショー会場は、写真家デュオ Inez & Vinoodh (イネス & ヴィノード) と CHANEL が織りなす、一夜限りのスペクタルな世界が広がる。

ショーのインスピレーション源となったのは、1961年にフランスの名匠 Alain Resnais (アラン・レネ) 監督が手がけた映画『去年マリエンバートで』。同作のためにオリジナル衣装をデザインした創業者の Gabrielle Chanel (ガブリエル・シャネル) が最も高く評価された作品でもある。

©︎ CHANEL

「私たちが観てきた映画は、私たちを捕らえ、私たちを創造する、マリエンバード、ヌーヴェルヴァーグ、ガブリエル シャネルが考える魅力、カール、夜、フェザー、スパンコール、ヒール。私は物事が混ざり合っているのが好きなのです」とクリエイティブ ディレクターの Virginie Viard は語るように、今回のショーではさまざまな要素をミックスさせている。

ショー会場に設置された巨大なスクリーンに映画の名シーンが映し出されるなか、ファーストルックで登場したのは『去年マリエンバートで』のシーンをコラージュしたトップス。今回のショーでモチーフとなったのは、リボン、ボア、ラインストーンのブーツ、鱗のように加工されたジャージー、スパンコールがあしらわれた白のジャケット、パステルカラーのツイード、パンベルベットのゴールドのドレス、サイドにスリットが入った黒のドレス。さらに、ボディの上を流れる花のようなレースや軽やかなシフォンなどフェミニンな魅力も感じる。これらは Virgunie Viard が断片を自由に散策するようにイメージして制作された。

©︎ CHANEL

また、冒頭で上映されたショートフィルムに主演として登場した CHANEL のアンバサダーである Kristen Stewart (クリステン・スチュワート) について、 Virginie Viard はこのように続けている。「それが彼女であろうと、他の女性であろうとも、とにかく着る人自身がその服が好きだということを感じたいのです。しかし、私の周りにいる人の中で、彼女こそが最もガブリエル シャネルに、少なくとも私のイメージに近い存在です。彼女はシャネルを、そしてシャネルの服を理解しています。その存在によって、シャネルはよりモダンになるのです。今回のコレクションは、彼女そのものでもあります。」

share