Dior
Holds “Christian Dior, Couturier of Dreams” Exhibition

75年のクリエーションにスポット。「クリスチャン・ディオール、夢のクチュリエ」展が日本上陸

©YURIKO TAKAGI

Dior Holds “Christian Dior, Couturier of Dreams” Exhibition
Dior Holds “Christian Dior, Couturier of Dreams” Exhibition
News/

75年のクリエーションにスポット。「クリスチャン・ディオール、夢のクチュリエ」展が日本上陸

Dior
Holds “Christian Dior, Couturier of Dreams” Exhibition

パリ、ロンドン、ニューヨークと世界を巡回してきた「クリスチャン・ディオール、夢のクチュリエ」展が、12月21日より東京都現代美術館にて開催。会期は、2023年5月28日まで。

空間演出は、NY を拠点に世界で活躍する建築家・重松象平が日本文化へのオマージュとして手がけ、キュレーションは Florence Muller (フロランス・ミュラーが担当する。本展では、創設者 Christian Dior (クリスチャン・ディオール) が影響を受けた芸術から、彼の庭園に対する愛、豪華な舞踏会の魔法、Dior のコレクションに影響を与えてきた日本の豊かな創造性への魅力など、75年を超えるメゾンの情熱に焦点を当てる。

会場には、「ニュールック」の永遠の象徴である「バー」スーツをはじめ、過去から現在までのアクセサリーやオートクチュール モデルの数々が集結。Christian Dior、そして Yves Saint Laurent (イヴ・サン=ローラン)、Marc Bohan (マルク・ボアン)、Gianfranco Ferre (ジャンフランコ・フェレ)、John Galliano (ジョン・ガリアーノ)、Raf Shimons (ラフ・シモンズ)、Maria Grazia Chiuri (マリア・グラツィア・キウリ) といった名だたる後継者たちが考案した作品のひとつひとつが公開。さらに、東京都現代美術館が所蔵する貴重な作品や、日本人写真家・高木由利子が本展ために撮り下ろした写真のほか、伝説的なシンボルとして愛されるバッグ「レディ ディオール」や「ミス ディオール」などのフレグランスも一堂に会する。Dior の大きなハイライトともいえるこの貴重な機会に、間違いなく足を運びたい。

share