on the wild side
launches brand's first hair oil

どんな髪質にも使える。オン ザ ワイルド サイドからブランド初のヘアオイルが登場!

©︎On The Wild Side

on the wild side launches brand's first hair oil
on the wild side launches brand's first hair oil
News/

どんな髪質にも使える。オン ザ ワイルド サイドからブランド初のヘアオイルが登場!

on the wild side
launches brand's first hair oil

フランス発オーガニックコスメブランドである On The Wild Side (オン ザ ワイルド サイド)から、「自分自身と自分の髪をいたわる必要最小限のヘアケア製品」をコンセプトに今年デビューしたヘアケアライン。11月14日、新たなアイテムとして、世界初のベジタブルシリコンを配合した100%天然由来のヘアオイルがローンチする。BIOTOP、On The Wild Side 公式サイトにて販売予定だ。

ヘアオイル ¥6,050|©︎On The Wild Side

手付かずで守られた野生の植物を使用し、原料もほぼ全て100%自然由来というのが特徴の On The Wild Side。健やかな髪には肌と同様に頭皮の丁寧なケアが必要という考えから、今回、合成物質やエッセンシャルオイルを一切使用せず、ブランドらしさを生かしたオーガニックヘアケア処方のヘアオイルを作り出した。

メインの成分には髪をやわらかくなめらかに導く、野生のセントジョーンズワートを採用。そして、新世代のベジタブルシリコンを配合することで、さらに髪にツヤと柔軟性を実現した。また、きめ細かいテクスチャーで、ベタつきや重さを与えることなく髪の繊維まで栄養補給ができ、オイルなのに限りなくソフトな使い心地に。太い髪、傷んだ髪、カラーした髪、パーマした髪、くせ毛の髪など、髪質を問わず使用できるのも魅力の1つ。

このオイルはスタイリング剤としても活躍するのもポイント。髪になじませるだけで、光沢感のある自然なスタイリングに。さらに、香料を使用していない繊細な香りなので、塗布するたびにリラックス効果までももたらしてくれる。

既存品と同じく、外装にはサスティナブルな観点を重視。容器はリサイクル可能なガラス製、パッケージは一本の木が伐採されるたびに新たな木が植えられるという FSC (森林管理協議会)認証済みの森林から伐採した樹木が原料のボール紙を使用している。

自分自身にも環境にもやさしい On The Wild Side のヘアオイル。髪の乾燥が気になる時期に向けて、すでに発売済みのシャンプーやヘアマスクとともに試してみてはいかが。

share