valentino
fall winter 2023-24 collection

ブラックタイを自由に解釈。ヴァレンティノ 2023-24年秋冬コレクションを発表

©︎Valentino

valentino fall winter 2023-24 collection
valentino fall winter 2023-24 collection
News/

ブラックタイを自由に解釈。ヴァレンティノ 2023-24年秋冬コレクションを発表

valentino
fall winter 2023-24 collection

Valentino (ヴァレンティノ) が、Pierpaolo Piccioli (ピエールパオロ・ピッチョーリ) による、2023-24年秋冬コレクションを発表した。今回は、「Valentino Black Tie (ヴァレンティノ ブラックタイ)」をテーマに、既存のドレスコードや制約に縛られない、自由な発想でマスキュリンなアイテムを落とし込んだ。

©︎Valentino

会場となったのは、パリにあるホテル・サロモン・ド・ロスチャイルド。ブリストル・サウンドの伝説的バンド Massive Attack (マッシブ・アタック) のメンバー Robert Del Naja (ロバート・デル・ナジャ) のサウンドトラックが流れてショーは始まった。ホワイトカラーを基調としたロココ調のランウェイに現れたモデルは、ピアス、タトゥー、ブラックタイを身につけたパンクスタイルで、会場とのコントラストを強調した。

ネクタイは、今シーズン様々なブランドでも着用されたトレンドのアイテム。Pierpaolo Piccioli は、日常から引き出されるアイテムを中心に構築されるコレクションの比喩として、ブラックタイを文字通りに受け止め、表現した。

ファーストルックで登場したのは、ネクタイがドッキングしたホルターネックのブラックミニドレス。ホワイトの襟がネクタイのシルエットを際立たせながら、デコルテや肩部分を見せることで、女性らしさをプラスした。スタッズが施されたバッグや重ためのチェルシーブーツ、存在感のあるアクセサリーを合わせることで、パンキッシュな印象に。

続くルックもマスキュリンなブラックタイはそのままだが、伝統的なテーラリングのフォーマルウェアは登場していない。ミニ丈のボトムスや、裾が床を引きずるほど長いロングガウンなど、Pierpaolo Piccioli らしい個性を強調したルックが登場した。フェザーやフリル、レース、ビジューなどがあしらわれたアイテムの数々は、昨シーズンの「VALENTINO LE CLUB COUTURE (ヴァレンティノ ル クラブ クチュール)」で発表された、ナイトクラブルックを彷彿とさせる。

ブラック、ホワイトの他にイエロー、レッド、ピンク、グリーンといった、モノトーンに映えるカラーパレットが採用された。レッドのリボンを繋ぎ合わせたようなウェアは、ブルーのシャツドレスと合わせて着用することで、フェミニンに寄りすぎず、色のコントラストのバランスが取れたコーディネートとなった。細かなスパンコールやビジューがぎっしりと刺繍されたミニドレスやマイクロミニスカートは、細部までこだわった Valentino のクラフトマンシップが表れている。

フィナーレに登場したルックは、眩いほどのスパンコールがあしらわれたグラデーションのマーメイドスカートで、圧倒的な存在感を放っていた。オーバーサイズのシャツにブラックのネクタイというシンプルなトップスゆえに、よりスカートの美しさが際立っている。モデルが歩くたびに揺れるスパンコールと流れるような曲線を描くシルエットは、Pierpaolo Piccioli のこだわりが詰まっており、コレクションのラストを飾るにふさわしいルックだった。

会場には、ハリウッド女優の Florence Pugh (フローレンス・ピュー) や Emma Roberts (エマ・ロバーツ)、K-POP アイドルグループ NCT (エヌ シー ティー)、C-POP アイドルグループの WayV (ウェイビー) のメンバー Winwin (ウィンウィン)、日本からはモデルの emma (エマ)、高橋ララなど、数々のセレブリティが世界各国から来場した。

share