CITIZENM LONDON BANKSIDE

CITIZENM LONDON BANKSIDE | シチズンM ロンドン バンクサイド

CITIZENM LONDON BANKSIDE
CITIZENM LONDON BANKSIDE
News/

CITIZENM LONDON BANKSIDE | シチズンM ロンドン バンクサイド

CITIZENM LONDON BANKSIDE

どこよりも、ロンドンこそ、これまで「シティズンエム(citizenM)」のようなホテルを必要としていたのではないでしょうか。低コストでも人が寝泊まりするのにふさわしい宿で、わずかでもビジュアル的に気を使っている所、なんて言うと、つい最近まであざ笑いされる可能性が高かったこの街。幸いにも、そんな願いをすべて叶えてくれるシティズンエムが実際にオープンしたおかげで、皮肉な表情だった人たちでさえ、考え方を変えつつあるよう。客室は、広々としているとは言えないものの、魅力的なデザインと、驚くほどの居心地の良さがポイントとなっています。部屋の奥に置かれた特大サイズのキングベッドは室内の幅いっぱいに広がっていて、シャワーやデスクもコンパクトながら、どれも用を足すには十分。考えてみれば、室内の印象はなんとなく宇宙船の中に足を踏み入れたような、どこか、SF的ユートピアをふと思わせるような空間です。しかも、客室の電気機器類すべてを調節できる、“ムードパッド(MoodPad)”と呼ばれるタブレット端末を手にすると、ますますそんな未来的な気分にさせられるはず。地階の気の利いたスタイリッシュなカフェは24時間営業しているけれど、これはあくまで便利なアメニティのひとつ。このホテルは、どちらかというと館内の図書室やサロンでまったりするための場所ではありません。「キャンティーンエム(canteenM)」は、街散策(または仕事)前後に軽く腹ごしらえするための施設、と考えると良いでしょう。それともうひとつ、このホテルがこの料金帯をキープできるもうひとつの理由は、その立地でしょう。シティズンエムの所在地は、すでに不動産がすっかり安定しているテムズ川の北側ではなく、サウスバンク(=南岸)。とはいえ、不便なわけではまったくありません。強いて言うなら、テート・モダンに行く程度しかサウスバンクを訪れたことがないというロンドン初心者の目には、この辺りの風景は真新しく映るかもしれない、といったところ。でも結局、そのテート・モダンも、このホテルからはほんの3ブロックです。

提供: Tablet Hotels

どこよりも、ロンドンこそ、これまで「シティズンエム(citizenM)」のようなホテルを必要としていたのではないでしょうか。低コストでも人が寝泊まりするのにふさわしい宿で、わずかでもビジュアル的に気を使っている所、なんて言うと、つい最近まであざ笑いされる可能性が高かったこの街。幸いにも、そんな願いをすべて叶えてくれるシティズンエムが実際にオープンしたおかげで、皮肉な表情だった人たちでさえ、考え方を変えつつあるよう。客室は、広々としているとは言えないものの、魅力的なデザインと、驚くほどの居心地の良さがポイントとなっています。部屋の奥に置かれた特大サイズのキングベッドは室内の幅いっぱいに広がっていて、シャワーやデスクもコンパクトながら、どれも用を足すには十分。考えてみれば、室内の印象はなんとなく宇宙船の中に足を踏み入れたような、どこか、SF的ユートピアをふと思わせるような空間です。しかも、客室の電気機器類すべてを調節できる、“ムードパッド(MoodPad)”と呼ばれるタブレット端末を手にすると、ますますそんな未来的な気分にさせられるはず。地階の気の利いたスタイリッシュなカフェは24時間営業しているけれど、これはあくまで便利なアメニティのひとつ。このホテルは、どちらかというと館内の図書室やサロンでまったりするための場所ではありません。「キャンティーンエム(canteenM)」は、街散策(または仕事)前後に軽く腹ごしらえするための施設、と考えると良いでしょう。それともうひとつ、このホテルがこの料金帯をキープできるもうひとつの理由は、その立地でしょう。シティズンエムの所在地は、すでに不動産がすっかり安定しているテムズ川の北側ではなく、サウスバンク(=南岸)。とはいえ、不便なわけではまったくありません。強いて言うなら、テート・モダンに行く程度しかサウスバンクを訪れたことがないというロンドン初心者の目には、この辺りの風景は真新しく映るかもしれない、といったところ。でも結局、そのテート・モダンも、このホテルからはほんの3ブロックです。

share