SUB HOTEL

SUB HOTEL | サブ・ホテル

SUB HOTEL
SUB HOTEL
News/

SUB HOTEL | サブ・ホテル

SUB HOTEL

多種多様な建築およびデザインスタイルが常に視界に飛び込んでくるイスタンブールだけに、古くから街の商業・文化中心地カラキョイ地区(旧ガラタ)にある、インダストリアルな雰囲気の「サブ・ホテル(SuB Hotel)」を見つけても、驚く必要はないのかもしれません。けれど、独特な名前の表記法も含め、サブ・ホテルはどちらかというと、ブルックリンのグリーンポイント地区やベルリンのノイケルン区にありそうなホテル。だから、それが世界史上最も重要だとされる街の、最も古いエリアにあるというのには、ちょっとだけ驚きを感じないではいられないのです。ちょっとありふれた表現ですが、このホテルはまさに街のオアシスのような場所。周りは賑やかで、ガラタ橋を渡れば世界遺産スルタンアフメトの建造物群へのアクセスも簡単。けれど自然光が満たす館内は静かで広々としているし、さっぱりとしたインテリアの客室には最先端のベッドが置かれ、刺激いっぱいの街散策から戻った高揚を優しく落ち着かせてくれます。主な素材はコンクリートとメタル。部屋によっては梁やボルトを覆わずに残しているけれど、ふんわりとしたトルコ綿のタオルや羽毛布団といったさりげない高級要素のおかげで、冷たい印象にはなっていません。サブ・ホテルには、デザイナーブティックやフィットネスセンターといった施設はありませんが、その分、用意されているものは上手に演出されています。例えばレストラン「ヴィア・ヴァイ(Via Vai)」。ダイニングエリアはセンス良く仕上げられた車の修理場のような空間で、食事はゆったりとしたペースで進められます。インダストリアル・スタイルの空間ながら、朝食はチーズや肉類、ペイストリーやジャムと、意外にもトルコの伝統的なメニューなのが魅力。時々ジャズの生演奏も行われるから、ホテルでのゆったりとした時間もますます楽しめそう。とはいえ、ここはエキサイティングなカラキョイ。外に出てもっといろんな味や景色を体験するのもお忘れずに。

提供: Tablet Hotels

多種多様な建築およびデザインスタイルが常に視界に飛び込んでくるイスタンブールだけに、古くから街の商業・文化中心地カラキョイ地区(旧ガラタ)にある、インダストリアルな雰囲気の「サブ・ホテル(SuB Hotel)」を見つけても、驚く必要はないのかもしれません。けれど、独特な名前の表記法も含め、サブ・ホテルはどちらかというと、ブルックリンのグリーンポイント地区やベルリンのノイケルン区にありそうなホテル。だから、それが世界史上最も重要だとされる街の、最も古いエリアにあるというのには、ちょっとだけ驚きを感じないではいられないのです。ちょっとありふれた表現ですが、このホテルはまさに街のオアシスのような場所。周りは賑やかで、ガラタ橋を渡れば世界遺産スルタンアフメトの建造物群へのアクセスも簡単。けれど自然光が満たす館内は静かで広々としているし、さっぱりとしたインテリアの客室には最先端のベッドが置かれ、刺激いっぱいの街散策から戻った高揚を優しく落ち着かせてくれます。主な素材はコンクリートとメタル。部屋によっては梁やボルトを覆わずに残しているけれど、ふんわりとしたトルコ綿のタオルや羽毛布団といったさりげない高級要素のおかげで、冷たい印象にはなっていません。サブ・ホテルには、デザイナーブティックやフィットネスセンターといった施設はありませんが、その分、用意されているものは上手に演出されています。例えばレストラン「ヴィア・ヴァイ(Via Vai)」。ダイニングエリアはセンス良く仕上げられた車の修理場のような空間で、食事はゆったりとしたペースで進められます。インダストリアル・スタイルの空間ながら、朝食はチーズや肉類、ペイストリーやジャムと、意外にもトルコの伝統的なメニューなのが魅力。時々ジャズの生演奏も行われるから、ホテルでのゆったりとした時間もますます楽しめそう。とはいえ、ここはエキサイティングなカラキョイ。外に出てもっといろんな味や景色を体験するのもお忘れずに。

share