HOTEL HOME

HOTEL HOME | ホテル・ホーム

HOTEL HOME
HOTEL HOME
News/

HOTEL HOME | ホテル・ホーム

HOTEL HOME

イタリアの美しい建築物や美術品に魅了され、めまいを起こしたといわれる文豪スタンダールにちなんで「スタンダール症候群」と名づけられた奇病があります。長旅の疲れに暑さや交通渋滞などが加わって、こうした症状が表れるという見方が一般的ですが、クラシックアート、ルネサンス建築、そして偽ブランド品に囲まれたフィレンツェでめまいや吐き気に襲われる観光客は、現在でも年間数十名ほどいるそうです。「ホテル・ホーム(Hotel Home)」は、そんなお疲れ気味の観光客に、金銀で飾ったけばけばしいインテリアが喜ばれないことを知っています。そこで、白を基調に無駄のない調度や装飾使いで装った、すっきりしながらもフィレンツェらしらのあるインテリアに仕上げています。客室は壁、調度、カーテンなどをすべて白で統一。ただし禅スタイルではなく、あくまでイタリアのブティックホテルらしくバロックの華やかさをディテールに生かし、白一色で染め上げています。そこへメタリックなアクセントを1点あるいは2点だけ取り入れ、白い空間を驚くほど個性的な世界へと高めています。フィレンツェの旧市街の東に位置しているため、用事はほとんど歩いて済ませることができるでしょう。ただし館内にはトスカーナ料理の一流レストラン、マッサージサービスのある小さなフィットネスジム、そして街並みを見渡すテラスと、必要なものがすべて揃っています。

提供: Tablet Hotels

イタリアの美しい建築物や美術品に魅了され、めまいを起こしたといわれる文豪スタンダールにちなんで「スタンダール症候群」と名づけられた奇病があります。長旅の疲れに暑さや交通渋滞などが加わって、こうした症状が表れるという見方が一般的ですが、クラシックアート、ルネサンス建築、そして偽ブランド品に囲まれたフィレンツェでめまいや吐き気に襲われる観光客は、現在でも年間数十名ほどいるそうです。「ホテル・ホーム(Hotel Home)」は、そんなお疲れ気味の観光客に、金銀で飾ったけばけばしいインテリアが喜ばれないことを知っています。そこで、白を基調に無駄のない調度や装飾使いで装った、すっきりしながらもフィレンツェらしらのあるインテリアに仕上げています。客室は壁、調度、カーテンなどをすべて白で統一。ただし禅スタイルではなく、あくまでイタリアのブティックホテルらしくバロックの華やかさをディテールに生かし、白一色で染め上げています。そこへメタリックなアクセントを1点あるいは2点だけ取り入れ、白い空間を驚くほど個性的な世界へと高めています。フィレンツェの旧市街の東に位置しているため、用事はほとんど歩いて済ませることができるでしょう。ただし館内にはトスカーナ料理の一流レストラン、マッサージサービスのある小さなフィットネスジム、そして街並みを見渡すテラスと、必要なものがすべて揃っています。

share