Solo Exhibition of Legendary Skateboarder Mark Gonzales to Be Held at Gallery Target

NYストリートアートにおける最重要人物であり伝説のスケートボーダー Mark Gonzales (マーク・ゴンザレス) の個展「BABY DON’T MIND」が開催

© Mark Gonzales

Solo Exhibition of Legendary Skateboarder Mark Gonzales to Be Held at Gallery Target
Solo Exhibition of Legendary Skateboarder Mark Gonzales to Be Held at Gallery Target
News/

NYストリートアートにおける最重要人物であり伝説のスケートボーダー Mark Gonzales (マーク・ゴンザレス) の個展「BABY DON’T MIND」が開催

Solo Exhibition of Legendary Skateboarder Mark Gonzales to Be Held at Gallery Target

ロサンゼルス出身のアーティストで詩人、そしてスケートボード史上最も有名なプロスケートボーダー Mark Gonzales (マーク・ゴンザレス) の個展「BABY DON’T MIND」が10月12日より東京・神宮前 Gallery Target (ギャラリーターゲット) で開催される。

© Mark Gonzales

© Mark Gonzales

ロサンゼルス出身のアーティストで詩人、そしてスケートボード史上最も有名なプロスケートボーダー Mark Gonzales (マーク・ゴンザレス) の個展「BABY DON’T MIND」が10月12日より東京・神宮前 Gallery Target (ギャラリーターゲット) で開催される。

The Last Gallery のキュレーションによって行われる本展。2010年12月「INVITAION」展の4年ぶりに Mark Gonzales が来日することも決定。世界中からコンテンポラリー・アーティストとしての確かな評価を得る彼が、本個展のために制作した新作を一挙に展示される。

Keith Haring (キース・ヘリング)、Jean-Michel Basquiat (ジャン=ミシェル・バスキア)、Andy Warhol (アンディー・ウォーホル) といった巨人たち亡き後の NY ストリートアートにおける最重要人物として、毎度その動向が注目を集める Mark Gonzales。

Harmony Korine (ハーモニー・コリン) の映画『ガンモ』(97) への出演、Sofia Coppola (ソフィア・コッポラ) の映画『ヴァージン・スーサイズ』(99) への絵の提供、短編映画『How They Get There』のための Spike Jonze (スパイク・ジョーンズ) との共同脚本など、90年代を牽引した映画監督たちにとって同氏の存在はインスピレーションの源になっており、コンテンポラリーアーティストとしても高い評価を得ている。彼の存在抜きに90年代以降のストリートカルチャーは語れない。
1999年には Levi’s (リーバイス) がスポンサーとなり、5都市 (ロンドン、パリ、ベルリン、ニューヨーク、東京) を回る展覧会ツアーが行われ、2001年にはボルドー現代美術館で特別展、ノルウェーとオランダでは個展を開催している。

近年は自身が手掛ける krooked Skateboarding をはじめ、Spitfire Wheels、Independent Truck Company、Fourstar Clothing、adidas といったスポンサーを受けており、2006年には Transworld Skatebording によるレジェンド賞を受賞。また、2007年には VHS でスケートボードのビデオ『Gnar Gnar』を制作した。

<個展情報>
「BABY DON’T MIND」
会期: 2014年10月12日 (日) – 10月31日 (金) 水曜休廊
時間: 14:00 – 20:00
場所: Gallery Target
住所: 東京都渋谷区神宮前 2-32-10
Tel: 03-3402-4575
URL: http://gallery-target.com

The Last Gallery
URL: http://the-last-gallery.com

協賛: adidas Originals、BOOKMARC

share