Louis Vuitton Objects Nomades Indulges To The Art Of Travel

Louis Vuitton (ルイ・ヴィトン) の新作 Objects Nomades (オブジェ・ノマド) コレクションが誘う、イマジネーションの旅

Louis Vuitton Objects Nomades Indulges To The Art Of Travel
Louis Vuitton Objects Nomades Indulges To The Art Of Travel
News/

Louis Vuitton (ルイ・ヴィトン) の新作 Objects Nomades (オブジェ・ノマド) コレクションが誘う、イマジネーションの旅

Louis Vuitton Objects Nomades Indulges To The Art Of Travel

かつてアフリカのコンゴを発見したイタリア人探検家の Pierre Savorgnan de Brazza (ピエール・サヴォルニャン・ド・ブラザ) がオーダーした「べットトランク」や、1875年に制作された「ワードローブ・トランク」、そして1923年に制作された「ライブラリー・トランク」。Louis Vuitton のスペシャルオーダー部門による革新的なアイデアと、メゾンが誇る卓越したサヴォワフェール (=創造の才) が凝縮された一点物のアイテムたちは、いつしかブランドのアイコンとして高く認知されるに至った。

©LOUIS VUITTON MALLETIER

©LOUIS VUITTON MALLETIER

最高級のレザーグッズで知られる Louis Vuitton (ルイ・ヴィトン) の歴史は、いつの時代も旅とともに彩られてきた。

かつてアフリカのコンゴを発見したイタリア人探検家の Pierre Savorgnan de Brazza (ピエール・サヴォルニャン・ド・ブラザ) がオーダーした「べットトランク」や、1875年に制作された「ワードローブ・トランク」、そして1923年に制作された「ライブラリー・トランク」。Louis Vuitton のスペシャルオーダー部門による革新的なアイデアと、メゾンが誇る卓越したサヴォワフェール (=創造の才) が凝縮された一点物のアイテムたちは、いつしかブランドのアイコンとして高く認知されるに至った。

Louis Vuitton によるアートプロジェクト Objects Nomades (オブジェ・ノマド) が誕生したのは、これらの背景があったからだろうか。2012年12月に誕生し、旅をインスピレーションに様々なアーティストとのコラボレーションを展開してきた Objects Nomades では、Louis Vuitton が提唱する「Art of Travel」をオブジェという形で表現してきた。

今回4月14日から開催されているミラノサローネ国際家具見本市の開催に合わせて、ミラノの Palazzo Bocconi (パラッツォ・ボッコー二) では現在新作の Objects Nomades を展示。今回新たに加わった3名である、Gwenael Nicolas (グエナエル・ニコラ)、Raw Edges (ロー・エッジ)、Damien Langlois-Meurinne (ダミアン・ラングロワ・モーリーン) をはじめとする9名のデザイナーたちによる新作のオブジェ作品たちは、あなたがこれまでに想像だにしなかったイマジネーションの旅に誘うことだろう。

新作の Objects Nomades は4月19日まで、ミラノの Palazzo Bocconi にて披露、また会期中には Charlotte Perriand (シャルロット・ペリアン) によって1934年にデザインされ、Louis Vuitton の制作により生み出されたコンセプト・セカンドハウス「La Maison au bord de l’eau (限りなく水に近い家)」も展示される。

©LOUIS VUITTON MALLETIER

Raw Edges による新作 Objects Nomades コレクション。| ©LOUIS VUITTON MALLETIER

©LOUIS VUITTON MALLETIER

(左から) Damien Langlois-Meurinne 制作「Totem Floral」、Campanaによる「Maracatu」、Barber&Osgerby「Bell Lamp」。| ©LOUIS VUITTON MALLETIER

 

share