Mark Gonzales - Tokyo Silk Screen At Harajuku

プロスケートボーダー Mark Gonzales (マーク・ゴンザレス) の「トーキョーシルクスクリーン展」が原宿にて開催

Mark Gonzales - Tokyo Silk Screen At Harajuku
Mark Gonzales - Tokyo Silk Screen At Harajuku
News/

プロスケートボーダー Mark Gonzales (マーク・ゴンザレス) の「トーキョーシルクスクリーン展」が原宿にて開催

Mark Gonzales - Tokyo Silk Screen At Harajuku

プロスケートボーダー Mark Gonzales (マーク・ゴンザレス) の「トーキョーシルクスクリーン展」が原宿の AM にて5月13日 (金)から5月20日 (金)まで開催する。

プロスケートボーダー Mark Gonzales (マーク・ゴンザレス) の「トーキョーシルクスクリーン展」が原宿の AM にて5月13日 (金)から5月20日 (金)まで開催する。

80年代のカリフォルニアに彗星のように現れたプロスケートボーダー、Mark Gonzales。比肩なきテクニックと自由なストリート・スピリットは、多くの若者たちの憧憬と賞賛を集め、スケートボード界のレジェンドとして語り継がれている。彼の才能はスケート界にとどまることなく、ユーモラスな中に独自の世界観があふれだすかのような構図、ときに加えられるポエトリーなメッセージは、アーティスト・詩人としての評価にとどまらず、ファッション界やさまざまなメディアを惹き付け、世界中のファンを魅了している。類稀な才能が創出する表現の磁場で生み出され、剃刀の刃のようなウィットと深い洞察力を持つ彼の存在は NY ストリートアート界の最重要人物といえるだろう。

© Mark Gonzales

© Mark Gonzales

本会場で展示されるのは、ゴンザレスの代表作を様々な特殊塗料で再現した限定アートワークや、和紙という日本独自の素材にシルクスクリーンで再現したエディション・ピース。会場では生き様そのものがアートと言うべき彼のエッセンスが、新たな素材と技法を得て、これまでとはまたひと味ちがう魅力的なインスタレ-ションとして再現されている。

1週間という限られた時間の中でしか見れない非常に貴重な作品は、絶版の手漉(てすき)和紙など一つ一つ丁寧に作られたメディアに1枚1枚シルクスクリーンされ、豪華なアートワークとして限定5枚にて販売。

展覧会名 「Mark Gonzales – Tokyo Silk Screen」
開催期間 2016年5月13日 (金) 〜2016年5月20日 (金)
※最終日はアフターパーティーを行います。
アフターパーティー 2016年5月20日 (金) 19:00〜21:00
 時間  13:00 〜 19:00
※20日のみ21:00まで
 場所  AM
 住所  東京都渋谷区神宮前6-33-14 301/302
 問い合わせ先  03-5413-7175 / info@bcc-tokyo.jp
 HP the-impossible-project.jp/news/event/160422.php
share