Gap Launche to New Project '1969 Records' With Special Artists

Gap がいま注目のミュージシャンとコラボした新プロジェクト「1969 Records」をスタート

Gap Launche to New Project '1969 Records' With Special Artists
Gap Launche to New Project '1969 Records' With Special Artists
News/

Gap がいま注目のミュージシャンとコラボした新プロジェクト「1969 Records」をスタート

Gap Launche to New Project '1969 Records' With Special Artists

Gap (ギャップ) が今注目の個性豊かなミュージシャンとタッグを組み、ブランドのルーツであるデニムと音楽に改めて着想したプロジェクト「1969 Records (1969・レコーズ)」を本日2016年6月1日 (水) からスタートした。

Gap (ギャップ) が今注目の個性豊かなミュージシャンとタッグを組み、ブランドのルーツであるデニムと音楽に改めて着想したプロジェクト「1969 Records (1969・レコーズ)」を本日2016年6月1日 (水) からスタートした。

同プロジェクトは、Gap の ‘Individual (個性)’ を尊重し、ブランドのシグネチャーである 1969 Denim とアメリカンミュージックカルチャーと共に40年以上の永い歴史を築いてきた背景を体現するために発足した。シーズンを通して行われる本プロジェクトの第1弾は、「Summer Music Lookbook (サマー・ミュージック・ルックブック)」と題され、5組のアーティストと、新進気鋭の映像作家、フォトグラファーが独自の目線でブランドの創業年である「1969」をテーマとしたミュージックビデオとデジタルルックブックを制作した。

今回は披露されたのは、Awesome City Club (オーサム・シティー・クラブ)、Happy (ハッピー)、Never Young Beach (ネバー・ヤング・ビーチ) の3組。どのアーティストも他にはない、60年代以降の様々なムーブメントを彷彿させる雰囲気に、自由な発想、最新のテクノロジーを駆使した独特なサウンドが魅力なバンドだ。ミュージックビデオを撮りおろしたのは、数多くのアーティストの映像を手掛け活躍する東市篤憲 (とうしあつのり) 。こうした個性豊かな彼らの独自のセンスと Gap のカルチャーが表現されたこのサマーコンテンツは、近未来的で見るものを明るく、どこか懐かしさを感じさせてくれる。

また、夏の想い出の写真と注目アーティストが手がけた BGM を使って、自分だけのミュージックビデオが作れる「Summer  Movie Maker」や、世界初となる画期的な手法で音楽を体感できるライブストリーミングコンテンツなども今後予定されている。

当ルックブックは Gap ウェブマガジン『GAP 1969 MAGAZINE』にて2016 年6月1日より5週間にわたり毎週水曜日に公開。

AwesomeCityClub

Awesome City Club

<Awesome City Club (オーサム・シティー・クラブ)>
2014年4月結成。架空の街 「Awesome City」のサウンドトラックをテーマに、テン年代のシティ・ポップを Awesome City からTokyo に向けて発信する男女混成5人組。2015年4月、1st アルバム「Awesome City Tracks」をリリース し、iTunes ロックチャートで 1 位を獲得。クラウドファンディングや VR など最新のテクノロジーを積極的に駆使した 試みが話題を呼んでいる。2016年6月22日には3rd アルバム「Awesome City Tracks 3」をリリース予定。

Happy

Happy

<Happy (ハッピー)>
2012年1月、京都府綾部市出身の幼馴染み5人組により結成。60年代を彷彿とさせるどこかサイケデリックな音と、 全員が複数のパートを担当し自由な発想で創られた楽曲が口コミで広まり、デビュー前にして 2013年 Summer Sonic に出演となる。2014年3月3日リリースの初流通シングル「Sun」では、MTV 「Hotseat」に選出され、タワーインデ ィーチャート初登場1位 (総合チャート3位) を記録し、翌年2月には、スペースシャワー列伝 Japan Tour 2015 ツアーに参加。数々の国内大型フェスに留まらず、アメリカやアジアでも精力的にツアーと行う等、今最も期待を集めるバンド。

Never Young Beach

Never Young Beach

<Never Young Beach (ネバー・ヤング・ビーチ)>
2014年春結成後、ダンボール仕様のジャケット、インディ・サイケ・ポップ「House Musics」を 100枚の限定販売し即完売。そのミステリアスな楽曲から、ライブ活動以前から口コミで話題となる。2015年5月にリリースした1st アルバム「Yashinoki House」は、上半期の CD ショップ大賞にノミネートされ、Fuji Rock Festival’15 に出演。 土着的な日本のフォークサウンドの DNA の継承と、西海岸の日差しと乾いた土を想起させる楽曲は、現在のインディーズシーンの最重要バンドの一つ。

share