Kim Jones' Louis Vuitton Spring Summer Menswear Recalls The Tribalism Of Punk Culture

Louis Vuitton (ルイ・ヴィトン) 2017年春夏メンズコレクションが呼び起こす、サファリビートとパンクスピリット

Kim Jones' Louis Vuitton Spring Summer Menswear Recalls The Tribalism Of Punk Culture
Kim Jones' Louis Vuitton Spring Summer Menswear Recalls The Tribalism Of Punk Culture
News/

Louis Vuitton (ルイ・ヴィトン) 2017年春夏メンズコレクションが呼び起こす、サファリビートとパンクスピリット

Kim Jones' Louis Vuitton Spring Summer Menswear Recalls The Tribalism Of Punk Culture

Kim Jones (キム・ジョーンズ) による Louis Vuitton (ルイ・ヴィトン) 2017年春夏メンズコレクションが23日、パリにて発表された。パレロワイヤルを会場にした今季コレクションのテーマとなったのは、「ブループリント」。ロンドンのパンクムーブメントと、アフリカの少数民族というかけ離れたトライブが持つ、それぞれの自由なスピリットをディティールに落とし込んだコレクションでは、乾いた土が香るようなアースカラーのパレットに、鮮烈な青がアクセントに取り入れられたワードローブが揃った。

Kim Jones (キム・ジョーンズ) による Louis Vuitton (ルイ・ヴィトン) 2017年春夏メンズコレクションが23日、パリにて発表された。パレロワイヤルを会場にした今季コレクションのテーマとなったのは、「ブループリント」。ロンドンのパンクムーブメントと、アフリカの少数民族というかけ離れたトライブが持つ、それぞれの自由なスピリットをディティールに落とし込んだコレクションでは、乾いた土が香るようなアースカラーのパレットに、鮮烈な青がアクセントに取り入れられたワードローブが揃った。

中盤で登場したのは、モノグラムプリントを施したラバーの上から、動物たちのイラストを施したトランスペアレントなトレンチコート。ラバーの製作は、ロンドンを拠点にする日本人ラバーデザイナーの Atsuko Kudo (アツコ・クドウ) によるものだ。

ショー全般を通してベーシックなアイテムをレイヤーしたスタイリングが提案される中、パンクの象徴であるレザーチョーカーやボンデージディティールは、洗練された男性像の中に反骨精神を垣間見せた。

Punk – albeit via Africa, where Frank Marshall’s “Renegades” portrait series of Botswana biker gangs

今回のコレクションについて Kim Jones は以下のようにコメントしている。

「ロンドンに影響を受けた要素は、これまでにも様々な形でコレクションに取り込んできました。中でも今季注目したのは、パンク。中でも Frank Marshall (フランク・マーシャル) によるポートレート作品『Renegades』に見る、ボツワナのバイカーギャングたちが纏うレザーファッションを起点に、パンクを再解釈し、3つめの要素として Louis Vuitton らしいフレンチエレガンスを融合させています。」

問い合わせ先/ルイ・ヴィトン クライアントサービス 0120-00-1854
HP: louisvuitton.com

share