Documentary Film "Saving Banksy" Unveiled Its First Official Trailer

Banksy (バンクシー) に固執するアートコレクター達に迫るドキュメンタリー作品『Saving Banksy』のトレイラーが公開

Documentary Film "Saving Banksy" Unveiled Its First Official Trailer
Documentary Film "Saving Banksy" Unveiled Its First Official Trailer
News/

Banksy (バンクシー) に固執するアートコレクター達に迫るドキュメンタリー作品『Saving Banksy』のトレイラーが公開

Documentary Film "Saving Banksy" Unveiled Its First Official Trailer

常に社会とアートの在り方について問題提起してきたミステリアスなストリートアーティスト Banksy (バンクシー) にまつわるドキュメンタリー映画『Saving Banksy (セービング・バンクシー)』のトレイラーが公開された。監督は、Colin Day (コリン・デイ)。

常に社会とアートの在り方について問題提起してきたミステリアスなストリートアーティスト Banksy (バンクシー) にまつわるドキュメンタリー映画『Saving Banksy (セービング・バンクシー)』のトレイラーが公開された。監督は、Colin Day (コリン・デイ)。

 

「芸術テロリスト」と呼ばれる Banksy は、社会風刺的なグラフィティ・アートを世界各地でゲリラ的に描き、その素顔を誰にも見せないことから謎多きアーティストとして注目を集めてきた。2015年には、イギリスにテーマパーク「Dismaland (ディズマランド)」をオープンし、話題を呼んだこともまだ記憶に新しい。これまでに Banksy 自身が監督を務めたドキュメンタリー映画『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』がアカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞にノミネートされたり、Banksy のニューヨークでの活動に迫ったドキュメンタリー映画『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』が公開されるなどしてきたが、本作は全く異なった視点から謎多きアーティストについて迫る。

『HYPEBEAST (ハイプビースト)』によると、同作が描くのは Banksy の作品を数百から数千ドルといった巨額の価格で売りさばくアートディーラー達。2007年に Sotheby’s (サザビーズ) 主催のオークションにて彼の作品6点が総額37万2千ポンド(日本円で約8500万円)で落札されたことは有名な話だ。しかし、こうしたオークションでいくら作品に高値が付けられようとも、Banksy 自身にその金額が支払われることはない。Paul Polycarpou (ポール・ポリカープー) のナレーションと共にそうした事実を鋭く映し出した本作には、Ben Eine (ベン・アイン) や Blek Le Rat (ブレック・ル・ラット)、Anthony Lister (アンソニー・リスター)、Doze Green (ダズ・グリーン)、Glen E Friedman (グレン・E・フリードマン) といった著名ストリートアーティスト達も参加している。

最近では、英『The Daily Mail (デイリー・メール)』が Banksy の正体はブリストル発の音楽ユニット Massive Attack (マッシヴ・アタック) の中心人物である Robert Del Naja (ロバート・デル・ナジャ) だと報じたが、本人はこの報道について完全否定。これまで Banksy の正体については様々な憶測が飛び交ってきたものの、結局は迷宮入りしたままだった。将来、Banksy の正体が白日のもとに晒される日が訪れるのだろうか?謎は深まるばかりだ。

share