Alexandra Shulman To Leave Editor-in-Chief Of British Vogue

英国版『Vogue (ヴォーグ)』の編集長 Alexandra Shulman (アレクサンドラ・シュールマン) が引退

Alexandra Shulman To Leave Editor-in-Chief Of British Vogue
Alexandra Shulman To Leave Editor-in-Chief Of British Vogue
News/

英国版『Vogue (ヴォーグ)』の編集長 Alexandra Shulman (アレクサンドラ・シュールマン) が引退

Alexandra Shulman To Leave Editor-in-Chief Of British Vogue

25年間にわたり英国版『Vogue (ヴォーグ)』の編集長を務めてきた Alexandra Shulman (アレクサンドラ・シュールマン) が引退することが明らかになった。

25年間にわたり英国版『Vogue (ヴォーグ)』の編集長を務めてきた Alexandra Shulman (アレクサンドラ・シュールマン) が引退することが明らかになった。

『Business of Fashion (ビジネス・オブ・ファッション)』によると、Alexandra Shulman は2017年6月をもって、同誌の編集長から引退するという。Alexandra Shulman は、1990年より『Tatler (タトラー)』や『GQ』などでジャーナリストとしてキャリアをスタートさせ、1992年に英国版『Vogue』の編集長に就任。同誌の歴史における約四分の一にわたる年月、編集長を務めた彼女は、毎月の購読者数を100万人以上に伸ばし、昨年には同誌の100周年を記念したイベントを多数開催するなど、多大な貢献を果たした。後任は未だ明らかになっていない。

 

share