history of LOEWE

1846年にスペイン・マドリードで皮革製品の工房をスタート。

LOEWE

The brand was founded in 1846 by Enrique Loewe Roessberg, a German leather craftsman, in Madrid, Spain, as a leather workshop. In 1905 the brand became a Royal Warrant of the Spanish royal family. In 1970 their anagram, a combination of four alphabet “L” was designed by Spanish artist Vicente Vela. In 1985 they made partnership with Louis Vuitton, and in 1996 joined the LVMH group. British designer Jonathan Anderson was assigned creative director in 2013, starting their mens line. He recreated the famous “Anagram” with the direction of M/M (Paris). In 2016, it was Jonathan’s suggestion to introduce “Loewe Foundation Craft Prize”, in order to support and give recognition to a skilful craftsman. With Jonathan always paying respect to craftsmanship, he keeps to elevate the brand’s reputation by adopting artistry within his designs.

1846年にスペイン・マドリードで皮革製品の工房をスタート。創設者はドイツ人皮革職人エンリケ・ロエベ・ロスバーグ。1905年スペイン王室御用達となる。1970年、4つのLを組み合わせたロゴ「アナグラム」がスペインの画家ヴィンセント・ヴェラのデザインにより誕生。1985年、ルイ・ヴィトン社と提携し、1996年からはLVMHグループに入った。2013年、英国人デザイナーのジョナサン・アンダーソンが就任し、メンズも展開。就任後「アナグラム」を見直し、エムエムパリスのデザインにより、オリジナルのエッセンスを残しながら現代的に蘇らせた。2016年、ジョナサンの発案により、優れた作品を生み出す職人の認知とサポートを目的とした「ロエベ ファンデーション クラフト プライズ」を創設。職人へのリスペクトを忘れないジョナサンは、クラフトマンシップを取り入れたアーティスティックな作風でロエベの評価を高めている。

設立年 1846
本社 Madrid, Spain
クリエイティブ・ディレクター ジョナサン・アンダーソン
ウェブサイト www.loewe.com
SNS
share