history of LOUIS VUITTON

1854年荷作り用のトランク職人、ルイ・ヴィトンが世界初の旅行用鞄専門店として創業。

LOUIS VUITTON

The Louis Vuitton label was founded by Vuitton in 1854. Before the introduction of Vuitton’s trunks, rounded-top trunks were used and thus could not be stacked. Vuitton introduced his flat-topped trunks that could be stacked more easily, with a specialized canvas material, making them lightweight and airtight compared to regular leather. The trunks became a hit seller and the brand developed rapidly. The brand’s iconic monogram, which is a combination of alphabet “L” and “V” with a flower and a moon, was designed by George Vuitton in 1896. In 1987 the brand merged with Moët Hennessy and became LVMH group. In 1998 the brand introduced the company’s first prêt-à-porter line of clothing as well as travel luggages, bags and accessories. Since 2013 Nicolas Ghesquière is the artistic director of the women’s line, and from 2018 Virgil Abloh designs for the men’s line.

1854年荷作り用のトランク職人、ルイ・ヴィトンが世界初の旅行用鞄専門店として創業。当時トランクの蓋は丸かったが、輸送機関の発展を見据えて積み重ね可能な平らな蓋を考案。革より軽い防水加工を施した特殊なキャンバス素材を使用したトランクは評判を呼び、ブランドは急成長を遂げた。ブランドを象徴する「L」「V」と花と星を組み合わせたモノグラムは1896年に2代目ジョルジュ・ヴィトンが考案。1987年モエ・ヘネシーと合弁しLVMH (モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン) グループが誕生、巨大企業へと発展した。1998年からはウェア部門をスタートし、トラベルラゲージをはじめ、バッグ、アクセサリー、アパレルを展開するフランスのラグジュアリーブランドとなった。2013年よりニコラ・ジェスキエールがレディスのアーティスティック・ディレクターに就任。メンズは2018年よりヴァージル・アブローが手がける。

設立年 1854
本社 Paris, France
アーティスティック・ディレクター ニコラ・ジェスキエール
ウェブサイト jp.louisvuitton.com
SNS
share