history of MAISON MARGIELA

1988年フランス・パリにてマルタン・マルジェラにより創設。

MAISON MARGIELA

The brand was founded by Martin Margiela in 1988, Paris, France. Margiela was born in 1959, in Genk, Belgium. After graduating from Antwerp’s Royal Academy, he built his career working for Jean-Paul Gaultier. As an independent brand he joined Paris Fashion Week in 1989. His significant style heavily influenced the fashion industry, including the brand’s spiritual and unique characteristics such as the designer’s anonymity, its conceptual designs and the categorisation of products using numbers. In 2002 they joined OTB group, working on the design as a team. In 2014 John Galliano was assigned creative director, and in 2015 the brand was renamed “Maison Margiela”. Their iconic styles include design process called décortiqué, as well as concepts such as deconstruction and genderlessness.

1988年フランス・パリにてマルタン・マルジェラにより創設。マルジェラは1959年ベルギーのヘンク生まれ。アントワープ王立芸術アカデミー出身。ジャン=ポール・ゴルチエのもとで経験を積み、その後独立。1989年にパリコレクションデビュー。デザイナーが表に出ない匿名性と、コンセプチュアルな服作り、ブランド名をタグに記さず、製品を数字でカテゴライズするなど、独創的かつ神秘的なシステムは、ファッションやアートの世界にも大きな影響を与えた。2002年よりOTBグループに加入。チームでデザインを手がけた後、2014年、ジョン・ガリアーノがクリエイティブ・ディレクターに就任し、2015年に「メゾン マルジェラ」に改名。デコルティケと呼ばれる服の輪郭を残したデザイン手法やデコンストラクト、ジャンダーレスなど、メゾンのコンセプチュアルなクリエーションを巧みな技法と新たな世界観で展開。

設立年 1988
本社 Paris, France
クリエイティブ・ディレクター ジョン・ガリアーノ
ウェブサイト www.maisonmargiela.com
SNS
share