history of MARC JACOBS

1986年、自身の名を冠したブランドを創業。

MARC JACOBS

In 1986, Marc Jacobs founded the brand. Designer Marc Jacobs was born in 1963 in New York, USA. He graduated from the Parsons School of Design. He received various awards during his time at the college, including the Perry Ellis Award and the CFDA New Fashion Talent Award. He became one of New York’s best-known designers from an early stage. He was also selected as artistic director of Louis Vuitton, a long-established French luxury brand that started producing their clothing line in 1997, and contributed to Louis Vuitton’s sales as a total brand until his retirement in 2013. In its own brand “MARC BY MARC JACOBS”, a second line, was launched in 2001, but the line ended in 2015. In June 2019, the company launched “THE MARC JACOBS”, a new line with lower prices. Unlike “MARC BY”, which has a different director, Mark himself is involved in design for their new line.

1986年、自身の名を冠したブランドを創業。デザイナーのマーク・ジェイコブスは1963年アメリカ・ニューヨーク生まれ。パーソンズ・スクール・オブ・デザイン卒業。在学中からペリー・エリス賞やCFDA新人デザイナー賞などを受賞、早くからその才能に注目が集まり、ニューヨークを代表するデザイナーとなる。1997年にはウェア部門をスタートさせたフランスの老舗ラグジュアリーブランド、ルイ・ヴィトンのアーティスティック・ディレクターにも抜擢され、2013年の退任までトータルブランドとしてのルイ・ヴィトンの売り上げに貢献した。自身のブランドではセカンドライン「マーク BY マーク・ジェイコブス」を2001年にスタートさせたが、2015年に同ラインは終了。2019年6月には価格を抑えた新ライン「ザ マーク ジェイコブス」を立ち上げた。別のディレクターを起用した「マーク BY」と異なり、新ラインではマーク自身がデザインに携わる。

設立年 1986
本社 New York, USA
創業者/デザイナー マーク・ジェイコブス
ウェブサイト www.marcjacobs.jp
SNS
share