history of STELLA McCARTNEY

1995年、ステラ・マッカートニーが自身のレーベルを設立。

STELLA McCARTNEY

The brand was founded by Stella McCartney in 1995. Stella was born in 1971, the child of former Beatles Paul McCartney. She interned for Christian Lacroix, and acquired skills working in Savile Row for a number of years. She graduated Central Saint Martins in 1995. After two season of her debut collection, she was assigned creative director of French maison Chloé, committing to the brand’s development. In 2001 she left Chloé to establish her own company as a joint venture with Gucci Group (now known as Kering). A lifelong vegetarian, McCartney does not use any leather or fur in her designs since her debut. She is committed to environmental activities, and is one of the key person in sustainable fashion. After the brand’s independence from Kering, the brand held partnership with LVMH group. Stella is now also the group’s special advisor for sustainability.

1995年、ステラ・マッカートニーが自身のレーベルを設立。ステラは1971年ロンドン生まれ。父親は元ビートルズのポール・マッカートニー。クリスチャン・ラクロワ、サヴィル・ロウなどで修業した後、セントラル・セント・マーチンズを1995年に卒業。デビューコレクションの2シーズン後にはフランスのブランド、クロエのクリエイティブ・ディレクターに抜擢されブランドの躍進に貢献した。2001年クロエを離れ、グッチグループ (現ケリング) と同額出資のジョイントベンチャーで会社を設立。ステラはベジタリアンでデビュー当初から毛皮や皮革を使わず、環境活動にも熱心に取り組み、サステナブルファッションを開拓した第一人者。2018年にケリングから独立した後、2019年にLVMHグループとパートナーシップを締結。同グループのサステナビリティにおけるスペシャルアドバイザーに着任した。

設立年 1995
本社 London, England
創業者/デザイナー ステラ・マッカートニー
ウェブサイト www.stellamccartney.com
SNS
share