history of SALVATORE FERRAGAMO

1927年、サルヴァトーレ・フェラガモがイタリア・フィレンツェで創業。

SALVATORE FERRAGAMO

Salvatore Ferragamo was founded in 1927 in Florence, Italy. Salvatore made his first shoes at the age of 9 and opened a shoe store at home at the age of 11. At the age of 15, he traveled to the United States, and in 1919, when he opened a shoe repair and made-to-order shop in Santa Barbara, California, he received attention in an instance. Many Hollywood actresses were known to be his customer, giving him the title “shoemaker to the stars”. Subsequently, Salvatore studied human anatomy at the University of Southern California, which in the future helped him understand how to make comfortable shoes for the human feet. After returning to Italy, the brand grew to serve for princes, noblemen, and celebrities. After Salvatore’s death, the company expanded into a total brand of clothing, bags, perfumes, and other products under family management. After 2000, the company setup a position of a designer, while also inheriting the brand’s spirit. Since 2017, Paul Andrew has been in charge of all creative direction.

1927年、サルヴァトーレ・フェラガモがイタリア・フィレンツェで創業。サルヴァトーレは9歳の時に初めて靴を作り、11歳の時には自宅で靴屋をオープン。15歳の時にアメリカに渡り、1919年、カルフォルニア州サンタバーバラで靴の修理とオーダーメイドのお店を開くと、瞬く間に注目を浴びた。ハリウッドの大女優たちが顧客として名を連ね「スターの靴職人」と呼ばれる。その後、南カルフォルニア大学で人体解剖学を学んだことも、履き心地のよい靴作りに大いに役立った。イタリアに帰国後は王侯、貴族、有名人を顧客に持ち、靴ブランドとして成長を遂げた。サルヴァトーレの死後、ファミリー経営でウェアやバッグ、香水などトータルブランド化を進め、会社は拡大。2000年以降はデザイナーを立て、ブランドのスピリットを継承。現在は2017年よりポール・アンドリューがクリエイティブ・ディレクターとして全てを統括している。

設立年 1927
本社 Florence, Italy
クリエイティブ・ディレクター ポール・アンドリュー
ウェブサイト www.ferragamo.com
SNS
share