history of TOD'S

1920年代にイタリアのデッラ・ヴァッレ家が、ファミリービジネスとして靴の製造を始める。

TOD'S

In the 1920s, the Italian Della Valle family began their family business as shoe maker. The brand was launched under the name Tod’s in 1979. “Gommino”, a driving shoe with non-slip rubber embedded within the leather, became the brand’s iconic hit product, making Tod’s a world-wide brand. Tod’s group currently owns Hogan, Fay and Roger Vivier. In 2006, they invited Derek Lam, a highly praised designer who was active in New York, to design for their Prêt-à-Porter line (he resigned in 2012). Their line is now shown at Milan. After Alessandra Facchinetti’s resignation from the brand, their design team was in charge of the creative direction. In 2019, Walter Chiapponi was assigned creative director. Walter was born in 1978, Milan. He built his career working for Givenchy, Valentino, Gucci, MIU MIU and Bottega Veneta.

1920年代にイタリアのデッラ・ヴァッレ家が、ファミリービジネスとして靴の製造を始める。1979年トッズの名でブランドスタート。革の間にゴムの滑り止めを埋め込んだドライビングシューズ「ゴンミーニ」は、トッズの名を世界中に広めたブランドアイコン。現在はトッズグループとして、ホーガン、フェイ、ロジェ・ヴィヴィエなどを所有する。2006年、ニューヨークコレクションで活躍していた注目デザイナー、デレク・ラムを起用しプレタ部門もスタート (2012年退任)。ミラノコレクションで発表している。アレッサンドラ・ファッキネッティの就任〜退任を経て、しばらくデザインチームで制作していたが、2019年、クリエイティブ・ディレクターにヴォルター・キアッポーニが就任。ヴォルターは1978年ミラノ生まれ。ジバンシィをはじめ、ヴァレンティノ、グッチ、ミュウミュウ、ボッテガ・ヴェネタなどでキャリアを積んだ。

設立年 1979
本社 Sant'Elpidio a Mare, Italy
クリエイティブ・ディレクター ヴォルター・キアッポーニ
ウェブサイト www.tods.com
SNS

Timeline

1979

デッラ・ヴァッレ家がブランドを設立

2006

デレク・ラムがクリエイティブ・ディレクターに就任、プレタポルテ部門をスタート

2012

デレク・ラムが退任

2013

アレッサンドラ・ファッキネッティがクリエイティブ・ディレクターに就任

2016

アレッサンドラ・ファッキネッティが退任

2019

ヴォルター・キアッポーニがクリエイティブ・ディレクターに就任

share