sponsored
LOEWE
Paula's Ibiza 2021 with Mio Imada & Taishi Nakagawa #1

今田美桜と中川大志が舞い降りる、ロエベ「パウラズイビザ」 第5章 〜 現実逃避の夏 2021

LOEWE
Paula's Ibiza 2021 with Mio Imada & Taishi Nakagawa #1

model: mio imada & taishi nakagawa
photography: toshio ohno
videography: rei takaji
styling & set direction: masataka hattori
hair & makeup: aiko tokashiki (mio), go ikegami (taishi)
flower styling: yoshitaka mishima
music: masaki tomiyama
text: miwa goroku
edit: miwa goroku, waki motoyama

毎夏待望の LOEWE (ロエベ) のカプセルコレクション「Paula’s Ibiza (パウラズイビザ)」。クリエイティブ ディレクター Jonathan Anderson (ジョナサン・アンダーソン) が子供の頃に訪れたイビザの思い出がベースになっている本コレクションは、シンプルで着心地のいい服やアクセサリーが、まるでおもちゃ箱を開けたような賑やかさでカラフルに揃う。5シーズン目となる今季は、メンズとウィメンズを本格的に取り揃え、気になる新作&限定バッグも充実。どこかスピリチュアルなムードも秘めた、夢想的でクラフト感あふれる新作をミックスマッチなスタイリングで、今田美桜と中川大志が着こなす。(第1回/全4回)

LOEWE
Paula's Ibiza 2021 with Mio Imada & Taishi Nakagawa #1

今田美桜と中川大志が舞い降りる、ロエベ「パウラズイビザ」 第5章 〜 現実逃避の夏 2021

新作アナグラムのバスケットは、なんといっても軽さが魅力。2サイズ展開で、今田美桜はスモールサイズをセレクト。バッグ ¥84,700/LOEWE (ロエベ)

夏の眩しい日差しには、遊び心で対抗。サングラス ¥37,400、メガネチェーン ¥19,800/LOEWE (ロエベ)

妖精のようにドリーミーなドレス、作業着をイメージしたジャンプスーツ、サイケデリックな LOEWE のロゴ。さまざまなテーマが共存する Paula’s Ibiza のコレクション。ウィメンズ、メンズでそれぞれバリエーションが広がる中、どのアイテムを、どんなスタイルでミックスするかはまったく自由に開かれていて、1着ごとに織り込まれたストーリーが、着る人を新しい冒険へと誘う。

今回、今田美桜と中川大志がサイズ違いで持っているのは、天然繊維のイラカヤシ製のアナグラム バスケット。コロンビアの女性たちの経済的独立や、子どもの教育を支援する NGO と LOEWE のつながりから生まれたシリーズで、コロンビアの女性職人たちが織り、スペインにある LOEWE のアトリエでレザー職人たちによって、細部まで緻密に作り込まれている。関わった多くの人々の手の温もりと愛が詰まった、美しくスペシャルな一品。自分に合うサイズをひとつ、新しい旅を夢見ながら迎えたい。

Mio:首元で三日月のモチーフが揺れる黒のニットに、少女の夢を詰め込んだようなピンクのドレスをレイヤード。サンダルは新作バッグと同じアナグラムのデザインで。ドレス 参考商品、ニットトップ¥138,600、バッグ¥84,700、サンダル¥70,400
Taishi:月のペイントがサイケデリックなヴィンテージ風のTシャツ。オレンジのつなぎの袖を腰で巻いてワイルドに。ジャンプスーツ ¥187,000、Tシャツ ¥66,000、バッグ ¥102,300、フリンジハイトップローファー ¥70,400/すべて LOEWE (ロエベ)

share