黒で統一した装いが、ピュアな真珠を際立たせる。

sponsored
tasaki
2021 holiday collection with shuzo ohira

大平修蔵がまとうパール × ブラック #2 遊び心を真珠に託す

tasaki
2021 holiday collection with shuzo ohira

model: shuzo ohira
photography & direction: takanori okuwaki  
cinematography: itsuki yoshizawa
styling: kanako higashi
hair&makeup: hitoshi nobusawa
nail: ayaka tanaka
text: erina ishida
edit: waki motoyama

昨今、メンズのファッションシーンにもパールジュエリーを取り入れるアクションが増加中。多くの男性が積極的に身につけ、ジェンダーの境界線を軽やかに超える様子は、風の時代の幕開けを感じさせる。モデル・俳優として活動の幅を広げる大平修蔵も、日常的にパールを楽しんでいる1人。そんな彼が、TASAKI(タサキ)のホリデーコレクションcomet plus(コメット プラス)を交えた人気シリーズのミックススタイルを堪能する。(第2回/全2回)

tasaki
2021 holiday collection with shuzo ohira

大平修蔵がまとうパール × ブラック #2 遊び心を真珠に託す

黒で統一した装いが、ピュアな真珠を際立たせる。

曲線と直線が混在する、ユーモラスな重ねづけ。パール ネックレス(SIL×あこや真珠)¥165,000、コメット プラス ダイヤモンド ソロ ペンダント](YG×ダイヤモンド)¥363,000、バランス アイコニック ペンダント(YG×あこや真珠)¥704,000、デインジャー リング](YG×あこや真珠)¥291,500/以上すべて TASAKI(タサキ)

小粒なあこや真珠で描く曲線美がすっと首になじむネックレス、直線的なゴールドバーを軸にパールが連なるbalance ikonic(バランス アイコニック)ペンダント。フォルムをはじめ、真珠の大きさも異なる2本の艶めきが共鳴し、視線を集める。ウィットに富んだレイヤードを調和させるように、comet plus diamonds solo(コメット プラス ダイヤモンド ソロ)を間にセット。瞬く星をとらえたかのような一粒のダイヤモンドが、まばゆい光を放つ。パールジュエリーを中心とした自由な組み合わせは、リラクシングな黒のローブ姿にもマッチ。首元の繊細なジュエリー使いとは対照的に、ワイルドなアクセントを効かせるイヤリング、ピンキーリングとしてセットしたdanger(デインジャー)シリーズは、食虫植物のトゲを表現したデザインで、男性の手元とも好相性。

淡水パールの瑞々しい輝き。デインジャー トライブ イヤリング(YG×淡水真珠)¥214,500/TASAKI(タサキ)

ローブ ¥74,800、パンツ ¥61,600/DRESSEDUNDRESSED(ドレスドアンドレスド)、タンクトップ/スタイリスト私物

share