acne studios
with kozue akimoto

それぞれの想い出を刻んで、アクネ ストゥディオズと秋元梢のパリ紀行 vol.3

acne studios
with kozue akimoto

model: kozue akimoto
photography: shono inoue
hair: akemi kishida
make up: miki matsunaga
edit & text: manaha hosoda

1996年、スウェーデン・ストックホルムで Jonny Johansson (ジョニー・ヨハンソン) が100本のデニムを友人に贈ったことからはじまった Acne Studios (アクネ ストゥディオズ)。彼らがパリでショーを開催するようになってから、10年という月日が流れた。歴史と伝統が色濃くにじむ街においても、ブランドの由来である「Ambition to Create Novel Expression (新たな表現を創造するという野心)」をつらぬき、確かに足跡を刻み続ける。

同じく、パリ ファッションウィークに10年ちかく足を運んでいるモデルの秋元梢も、その街並みに自身の軌跡を重ね合わせる。着用したのは、「エモーショナル・パッチワーク」をテーマにした2022年秋冬コレクション。両者にとって思い入れの深い地を舞台に、かけがえのない一瞬を記録する(第3回/全4回)。

acne studios
with kozue akimoto

それぞれの想い出を刻んで、アクネ ストゥディオズと秋元梢のパリ紀行 vol.3

ドレス *参考商品、ブーツ ¥149,600/ともに Acne Studios (アクネ ストゥディオズ)

床まで届くボディコンシャスなノースリーブドレスにグローブのコンビネーション、オーセンティックなレッドカーペットルックも Acne Studios の手にかかると、アートピースのような存在感を放つ。シワ加工が施された透け感のあるクレープ素材はヌーディーカラーで素肌と同化し、大胆なサイドスリットがさらにセンシュアルな気分を盛り上げる。襟から伸びる同素材のタイディテールは、首に巻きつけても、そのまま下ろすのもよし。ビーズ刺繍でフローラルパターンをあしらったメッシュ素材のグローブが、繊細なニュアンスを表現する。

share