photo and words:
michi nakano

【写真家たちの目線】 vol.1 中野道

michi nakano

今、あなたが見ている明日はどんな景色ですか? のアンサーとなる1枚を、それに紐づく言葉とともに寄せてもらう本企画。この自粛期間中、写真家たちは自身のアーカイブを整理したり、写真集を作ったり、新しい日常/街の非日常を記録したり、パソコン越しで新たなシューティングのスタイルを模索する、など、いろんなアングルから写真と向き合い、これから先のことについて考えている。

本連載は、写真家が写真家に繋ぐリレー形式でお届けする。トップバッターを依頼したのは、昨年 The Fashion Post のTVCMも手掛けた中野道。このたび自身初となる写真集『あかつき』が完成。今後写真展も企画される予定とのことだが、それに先立って現在オンライン上での販売がスタートしている。

photo and words:
michi nakano

【写真家たちの目線】 vol.1 中野道

今朝は随分と早く目が覚めた。向かいのマンションに反射した朝日は、寝室の壁をオレンジ色に染めていて、夕方みたいだった。

朝の空気は限りなく透明で、足りないものは一つもないし、不満なんて一切ないと思えた。

過ぎ去った日々を写した写真たちはいつもキラキラして見える。だけど、過去の自分とはもう共鳴できない。

思い出の多くは忘れてしまったかもしれないが、今日の自分はそれらと一緒に歩んでいる。

いつだって今が一番幸せだ。明日は今日より、明後日は明日よりって僕は知っている。

(文・中野道)

share