Behind The Curtain Of Mademoiselle Yulia's Debut Runway Show

独占レポート、マドモアゼル・ユリアによるグローイング ペインズの初ランウェイショーの裏側に潜入

Behind The Curtain Of Mademoiselle Yulia's Debut Runway Show
Behind The Curtain Of Mademoiselle Yulia's Debut Runway Show
News/

独占レポート、マドモアゼル・ユリアによるグローイング ペインズの初ランウェイショーの裏側に潜入

Behind The Curtain Of Mademoiselle Yulia's Debut Runway Show

3月20日から25日まで開催された東コレこと、Amazon Fashion Week Tokyo (アマゾン ファッション ウィーク東京)。Amazon (アマゾン) が冠スポンサーとなって2シーズン目にあたる今季2017-18年秋冬は、先シーズンに引き続き東コレの常連デザイナーに加え、ヤングデザイナーたちがフレッシュな顔ぶれが揃う。

3月20日から25日まで開催された東コレこと、Amazon Fashion Week Tokyo (アマゾン ファッション ウィーク東京)。Amazon (アマゾン) が冠スポンサーとなって2シーズン目にあたる今季2017-18年秋冬は、先シーズンに引き続き東コレの常連デザイナーに加え、ヤングデザイナーたちがフレッシュな顔ぶれが揃う。

ファーストランウェイを披露したデザイナーは文化出身の Yohei Ohno (ヨウヘイ オオノ)、元 3.1 Phillip Lim (3.1 フィリップ リム) でPRを手がけた敏腕ディレクター下中美穂子が手がける House_Commune (ハウスコミューン)、そして元 Issey Miyake (イッセイミヤケ) のデザイナー森川 拓野による TAAKK (ターク) 等。そ してもう一つのニューフェイスが、我らが Mademoiselle Yulia (マドモアゼル・ユリア) 率いる GROWING PAINS (グローイング ペインズ) だ。

ブランドを立ち上げた時にインタビューしたのがつい最近のことように感じられるが、気づけばすでに4シーズン目というから驚きだ。Yulia が「東京で一番ホットなファッションアイコン」と呼ばれるようになってからどれほど経つだろう。DJ、シンガー、コラムニスト、ファッションアイコン、そしてこれらと並んで、今やデザイナーはれっきとした彼女の肩書きのひとつだ。

今回、Amazon (アマゾン) のゲストデザイナーとして初ランウェイを開催した彼女がテーマとして掲げたのは「Nourtishment」。会場として用いられた渋谷のクラブの駐車場は、セレブリティからモード誌の編集長など、東コレではなかなかお目にかかれない面々が顔を揃えた。

40年代風のクラシカルなシルエットと、ナースの制服のような禁欲的なスタイルをベースにしたコレクションでは、ミリタリーウェアやBDSMを思わせる挑発的なディティールがひときわ目をひく。ファーストルックのモデルは Yumi Lambert (ユミ・ランバート)。メンズ、ウィメンズ共にクセのあるキャスティングが、いかにも今の東京といった印象だ。

デザイナーとして堂々たるランウェイデビューを果たした Yulia。来シーズンが既に待ち遠しいところだが、ひとまずお疲れ様。そしておめでとう。

HP:  growing pains tokyo

share