Burberry
autumn winter 2019 campaign by Danko Steiner & nick knight

Burberry (バーバリー)、ダンコ・シュタイナーとニック・ナイトを起用した2019年秋冬キャンペーンが公開

© Courtesy of Burberry / Nick Knight

Burberry autumn winter 2019 campaign by Danko Steiner & nick knight
Burberry autumn winter 2019 campaign by Danko Steiner & nick knight
News/

Burberry (バーバリー)、ダンコ・シュタイナーとニック・ナイトを起用した2019年秋冬キャンペーンが公開

Burberry
autumn winter 2019 campaign by Danko Steiner & nick knight

「私たちのバーバリーでの活動の根底にあるのは、ブランドがアイデンティティとなり、ライフスタイルとなることへの情熱です。それはあらゆる垣根を超え、すべてを包括すると思っています。今回のキャンペーンでは、英国文化の多面性と、それらがいかに共存しているかを探求しています。ダンコとニックはともに、自己表現とアイデンティティの重要性を称え、それらを彼らの独特な目線を通して表現してくれました」
— Riccardo Tisci (リカルド・ティッシ)

Burberry (バーバリー) が2019年秋冬コレクションのキャンペーンビジュアルを公開した。チーフ・クリエイティブ・オフィサーの Riccardo Tisci (リカルド・ティッシ) は今回、1つのコレクションに込められた2つの異なる視点、”洗練とクラシック”、”自由とリラックス”の両方を映し出すため、フォトグラファーの Danko Steiner (ダンコ・シュタイナー) と Nick Knight (ニック・ナイト) を起用。それぞれが趣向の異なったビジュアルを手がけている。

© Courtesy of Burberry / Danko Steiner

© Courtesy of Burberry / Danko Steiner

「テンペスト」と名付けられた Burberry の2019年秋冬コレクションは、構造的でありながら反抗的で自由な一面もある、英国の文化や風土がもつ対比と矛盾を称え、デビューコレクションで Riccardo Tisci が打ち出したブランドの記号性や基本要素をさらに発展させたコレクション。そんなコレクションを Danko Steiner は真っ直ぐな地平線が広がる海を舞台に、Nick Knight は複数のスクリーンが並ぶ無機質なスタジオで撮影。キャストには、Gigi Hadid (ジジ・ハディッド) や Irina Shayk (イリーナ・シェイク)、Freja Beha Erichsen (フレジャ・ベハ・エリクセン)、Fran Summers (フラン・サマーズ)、Sora Choi (ソラ・チョイ) ら人気モデルが登場している。

© Courtesy of Burberry / Danko Steiner

「リカルドは私が今まで出会った人の中で、最も愛情深くユーモアのある人の一人で、彼のクリエイティブな考え方はいつも私を
驚かせ、インスパイアしてくれます。私たちは撮影を通してとても楽しい時間を過ごしました。このスペシャルなプロジェクトに
参加できたことを大変光栄に思います」

Danko Steiner は本キャンペーンについて下記のように語っている。

「コレクションを海辺で撮影する、というのはリカルドの発想でした。結果として、彼の提案するバーバリーの“レディ”と“ジェントルマン”のクラシカルなシルエットを、海が縁取っているかのように仕上げられたのです。海のコンセプトはバーバリーのショーのテーマから直接取り入れました。海は果てしなく、水が変化や発見をもたらして撮影の美しい背景となってくれたので、イメージの大部分は海に担ってもらうようにしました。素晴らしいキャストたちには、パワフルな自然の力に従うという考え方で振る舞ってもらうようにしました。私は常に、海は私たちを一つにしてくれると信じています。」

そして、Nick Knight は下記のようにコメントしている。

「私たちは、モデルがポージングしてパーフェクトに魅せる、という考え方を捨て、よりリアルで演出していないヴィジョンを見せたいと思いました。

私たちは、若いエネルギーの未熟で洗練されていない様子にフォーカスしていました。そして、ソーシャルメディアを通じて、誰もが多様な視点にアクセスできる現状を反映しました。いまや生活のすべてがスクリーンを介して行われ、スマートフォンやノートパソコン、デジタル広告など、身の回りのあらゆる平面に画像が表示されています。」

© Courtesy of Burberry / Nick Knight

「若々しく粗野で自然な、という全体的な美学があったので、キャスティングはいつもながらとても重要でした。今回、彼ら一人ひとりが自らキャンペーンイメージを撮影しているかのように見せたいと思ったのです。セルフィーの文化や、それらの画像がソーシャルメディアを通していかに急速に普及するかを熟知している若者は、公のメディアに関心を向けるよりも、自分の露出の場やプラットフォームを持っているからです」

share