chanel
Spring Summer 2020 collection

モダンでフェミニンなコレクション—ヴィルジニー ヴィアールがデザインする新生シャネル 2020年春夏 プレタポルテ コレクション

©︎ CHANEL

chanel Spring Summer 2020 collection
chanel Spring Summer 2020 collection
News/

モダンでフェミニンなコレクション—ヴィルジニー ヴィアールがデザインする新生シャネル 2020年春夏 プレタポルテ コレクション

chanel
Spring Summer 2020 collection

Text: Terumi Hagiwara

2020年春夏パリ コレクションをファッションディレクター萩原輝美が速報レポート。今回は、CHANEL (シャネル) 2020年春夏 プレタポルテ コレクション。

CHANEL はアーティスティック ディレクター Virginie Viard (ヴィルジニー・ヴィアール) による初のプレタポルテ コレクションを発表した。会場の Grand Palais (グラン・パレ) には、パリでよく見かける家並がつながる屋根を設え、その上を散歩するようにモデルが歩く。

ファーストルックを見て思わず、フレッシュ!見慣れたツイードがショートパンツのコンビネゾンで登場。胸元はVに開き、黒とベージュのバレリーナがモダンなパリジェンヌを演出している。

続くツイードのセットアップは、大きく揺れるフレアーのミニスカートを合わせ、ぐっと若返ってフェミニンだ。ウエストから揺れるプリーツペプラムと同じプリーツのスカートを合わせたルックは今までにないスタイル。ラフィアのハットを被れば新鮮なルックが完成する。

ツイードコートもセットアップではなく、カーディガン風にラフに羽織っている。デニムやショートパンツも登場し、カジュアルなコーディネートも多い。

屋根の上に CHANEL のロゴを絡めたプリントは大胆でグラフィカルだ。
フィナーレ、白のブラウスに黒のスカートを合わせたバリエーションは、肩肘張らないパリジェンヌの着こなしだ。

©︎ CHANEL

マドモアゼル シャネルを思い出させるコレクションは、永遠のパリジェンヌを感じさせるパリモードだ。

share