toshiaki toyoda
talk show & sigining event for his biography

自伝『半分、生きた』刊行記念、豊田利晃監督のトークショー&サイン会が開催

Photo by Hiroki Watanabe

toshiaki toyoda talk show & sigining event for his biography
toshiaki toyoda talk show & sigining event for his biography
News/

自伝『半分、生きた』刊行記念、豊田利晃監督のトークショー&サイン会が開催

toshiaki toyoda
talk show & sigining event for his biography

『ポルノスター』、『青い春』、『ナイン・ソウルズ』などで知られる映画監督の豊田利晃によるトークイベントとサイン会が11月1日に TSUTAYA TOKYO ROPPONGI にて開催される。

『半分、生きた』(HeHe)

『半分、生きた』(HeHe)

今年50歳を迎え、これまでの半生を振り返った豊田利晃の自伝『半分、生きる』(HeHe)は、映画作品の製作については勿論、監督自身の交友関係が赤裸々に語られた一冊。奈良美智が描き下ろしたというカバーをはじめ、監督と所縁のある俳優やミュージシャンが挿絵を手がけているという点でも特別だ。

同書の刊行を記念したトークショーでは、これまでのキャリアや交流関係、最新作『狼煙が呼ぶ』、これからの展望など豊田利晃の過去・現在・未来を紐解いていく。聞き手は、ASHU共同代表として展覧会制作などを手がけ、編集者でもある中西大輔がつとめる。トークショーに続くサイン会は、TSUTAYA TOKYO ROPPONGI で購入した『半分、生きた』(HeHe)、もしくは『MOVIES STILLS FROM TOSHIAKI TOYODA FILMS 1998-2018』(ギャンビット)が対象となっている。詳しくはコチラをチェックして欲しい。

share