burberry
autumn winter 2020 collection

リカルド・ティッシが自身の形成期を振り返る、バーバリー2020年秋冬コレクション

© Courtesy of Burberry

burberry autumn winter 2020 collection
burberry autumn winter 2020 collection
News/

リカルド・ティッシが自身の形成期を振り返る、バーバリー2020年秋冬コレクション

burberry
autumn winter 2020 collection

「私が若かりし頃、学生の時代を過ごしたロンドンに再び居を構えることとなり、本当の意味での郷愁の念を感じています。ロンドンは私が自分らしくありのままであること、そして現在の自分を育て自信を持たせてくれた街です。デザイナーとしてのキャリアを歩み出した当初、まだ自分の作品を模索し、見るものすべてからインスピレーションを取り入れようと思っていた日々に、私は強いプライドを持っています。

訪れた場所や出会った人々、影響を受けた音楽など、この特別で、人生の形成時期だった頃のメモリー(記憶)がこのコレクションに反映されています。バーバリーで私が確立し始めている、ブランドのコードや言語にこのメモリーを融合させたかったのです」

Burberry (バーバリー) チーフ・クリエイティブ・オフィサー、Riccardo Tisci (リカルド・ティッシ)

Burberry が2020年秋冬コレクションをロンドン市内ケンジントンに位置するオリンピアのナショナルホールで2月17日に発表した。ショーでは、ピアノデュオの Katia and Marielle Labèque (ラベック姉妹) や Bjork (ビョーク) とのコラボレーションでも知られる音楽プロデューサーの Arca (アルカ) がユニークなパフォーマンスを披露した。

「メモリーズ」と名付けられた本コレクションで Riccardo Tisci が着想を得たのは、自身が若手デザイナーであった時代に受けた影響。先シーズンから引き続き、ブランドの核となるハウスコードを強固しつつ、自身が今まで訪れた様々な記憶をコレクションを通して振り返っている。

自身の生まれ育ったイタリア、ファッションを学んだロンドン、そして卒業後に移り住んだインドまで、Riccardo Tisci 本人が自分の変遷を辿ったというコレクションは、実に様々な要素を取り入れつつも、Riccardo Tisci の手腕によってコンテンポラリーにまとめあげられた。ベージュを基調に、Burberry のハウスチェックからタータンチェック、プリンス・オブ・ウェールズ チェックをレイヤード。シグネチャーであるトレンチコートやテーラリング、ダッフルコートをテキスタイルとレイヤードづかいによってフレッシュなスタイルへと見事昇華している。

注目したいのは、3サイズのショルダーバッグとクロスバディバッグとして登場した新作バッグ「Olympia」。モノグラムジャガードや星のアップリケを施したスエード、深い色合いに仕上げられたスムースなレザーなど様々なバリエーションがお目見えした。そして、人気の「Arthur」スニーカーはキューバンヒールでアップデート。メンズ、ウィメンズともに取り入れられている。

Kendall Jenner (ケンダル・ジェンナー)、Bella Hadid (ベラ・ハディッド)、Gigi Hadid (ジジ・ハディッド)、Irina Shayk (イリーナ・シェイク) らが登場したランウェイショーには、豪華なセレブリティも一挙に集結。Cate Blanchett (ケイト・ブランシェット) に Naomi Campbell (ナオミ・キャンベル)、FKA Twigs (FKAツイッグス)、日本からは夏木マリやローラらが参加した。

share