Talk from Home:
valerie phillips

【クリエイターたちはいま】 vol.4 ヴァレリー・フィリップス

ミューズの1人である Arvida Byström (アルヴィダ・バイストロム) とリモートシュートで新作を制作中。
© Valerie Phillips
@wynterinspace
@arvidabystrom

Talk from Home: valerie phillips
Talk from Home: valerie phillips
News/

【クリエイターたちはいま】 vol.4 ヴァレリー・フィリップス

valerie phillips

全世界で自粛生活が長引く中、クリエイターたちは何を考えて、どのように過ごしているのか。連載形式でお届けする「Talk from Home – クリエイターたちはいま」。ニューヨークで生まれ、ロンドンを拠点とする写真家の Valerie Phillips (ヴァレリー・フィリップス) が登場。90年代後半より業界で活躍しながら、今もなおインディペンデントな姿勢を崩さない彼女が、現在取り組んでるプロジェクトの写真も特別にお披露目してくれた。

*You’ll find the English text after the Japanese.

—現在の1日のスケジュールを教えてください。

私はルーティーンというものを持ったことがなくて。それはいま現在も同じ。(ロックダウン前は) 早朝から撮影があるときは23時までにベッドに入って、早起きできるように心がけていた。クライアントと現場で過ごす長い1日を乗り切るためにね。今は私が起きたい時に起きて、夜遅くにプロジェクトに取り掛かってる。
朝はボーイフレンドがおいしいポリッジ (=水や牛乳で煮込んであるオート麦などのお粥) を作ってくれる。彼は7時ぐらいに朝食としてそれを食べるんだけど、わたしの ”ブレックファスト” はだいたい正午なの。1日中お茶ばかり飲んでる。やらなきゃいけないことを先延ばしにするための言い訳なんだけどね。16時ぐらいになるとチョコレートが必要!仕事をしている時は、モノクロのクラシック映画をテレビかラップトップで流しておくのが好き。
1日に1回散歩もする。いつも近所の裏道をうろついて、ヴィクトリア調の建築を見たり、これまでに見たことがなかったものを見つけたり。コロラドにいる姉妹とその家族、ニューヨークにいる父とスカイプもしてる。Instagram (インスタグラム) では、世界中にいる友人とのチャットに明け暮れてる。そのうちの何人かはすごく私を笑わせてくれるから、私の心地いいロンドンのコテージの外で起きている、クレイジーで危険な状況を忘れされてくれるの。日本の友人たちは、その中でも一番笑わせてくれるわね。彼らはとても素晴らしくて、平常心を保つことができるコネクションがあるわたしはとても幸運だと思う。

Photo by Hiroki Watanabe

—緊急事態宣言発令後、いちばん変わったことはなんですか?

仕事に関していうと、私はほとんど自宅のスタジオで仕事してきたから、ロックダウンの影響はそこまで大きくないわ。本のレイアウトを組み立てたり、Zineに取り組んだり、スクラップブックを作ったり、写真集のリリースに向けたプロジェクトを進めたり、ここで1日を過ごす事には慣れてるの。普段の生活で外界からもたらされる気の散るようなこともなく、むしろロックダウンは未完成だった作品に集中するチャンスになってる。それに、長い間飛行機の上にいなくてすむしね。全然、恋しくない。
近くには必要なものは全部揃う美味しいオーガニックショップがあるから、私たちはラッキーだし、甘やかされてるかも。実は、私のロックダウンの相棒 (ボーイフレンドのジェイソン)と過ごせることも嬉しいの。私たちはそれぞれ自分の事をするのが好きだから、互いを楽しませ続ける必要もないし、いつも通りお互いの仕事をしているだけ。友達と集まれないのは寂しいけど、SkypeやFaceTimeがあるからそこまで悪くない。こうしたテクノロジーなしで、どうやってこの状況を乗り越えるかは想像できないわね。

 

—今自宅でしている、いちばんクリエイティブなことはなんですか?

今は、ロンドンから Skype か FaceTime を使って、スウェーデンのストックホルム郊外に住んでいるアーティスト/モデルの  @arvidabystrom と本の撮影をしているの。すごく楽しいし、新しい作品をクリエイトする自由が広がっている。

 

—コロナ収束後、まずやりたいことはなんですか?

保護犬を飼いたい。希望はボクサー。お気に入りの地元のカフェに行って、コーヒーを飲みながら午後を過ごして、近所の友人たちとハグして、ゴシップも話したい。それに、次の本を作って、プリントしたら、日本にもまた戻りたい。

 

—コロナ収束後の未来は、どのようになると思いますか?

今回のコロナ禍から、多くの国々と文化がそれぞれ何を学ぶかを推測するのは難しい。自分の周辺についてしかわからないけれども、私が働いている広告/ファッションフォトグラフィーといった業界が、これまでのビジネスのやり方がいかに無責任で、時代遅れで、不必要で、無駄が多かったのかを気づいてくれれば良いと思ってる。そして、素晴らしいクリエイティビティよりもマネー優先になっていたことで、長い間失われていた個性や魂、情熱を取り戻すことができればと願っている。インディペンデントのブックストアや小さな出版社、インディーなファッションブランド、ヴィンテージショップ、カフェといった情熱に溢れたDIYなパンクスピリットのあるスモールビジネスが生き残れる事も願ってる。このウイルスの影響は、程度の差こそあるけど、感情的な面においても、みんなの心にしばらく残り続けると思う。

 

—パンデミックについて、どのように考えていますか?

私にとってパンデミックは超現実的なもので、なかなか収拾をつけることが難しい。これまで私が育った街、ニューヨークとロンドンではこんなことはなかった。突然現れて、世界を乗っ取ってしまった。余計なニュースを見たり、読んだりしないようにしているの。私がコントロールできないことについて、必要以上にストレスを感じてしまうから。私が今できることは、街のガイドラインを尊重すること。エクササイズやスーパーへの買出しで外出した時はソーシャルディスタンスをとること、それ以外では家にいて、アートに集中してる。スモールビジネスをしている多くの友人たちが不確実な経営難の中にいる。もちろん、人命のようなもっと大きい問題があることもわかっているけど。これが過去のものになったとき、元々いた場所に何を見つけるかを想像するのは誰にとっても難しいと思う。最終的に、よりサステナブルで、みんなにとってより良いものへと戻れることを願ってる。

—Please tell us your daily routine during this time.

I’ve never really had a routine. I still don’t.When I had to be on early shoots (before lockdown) I would force myself to go to bed by 11pm in order to get up early and be able to cope with a long tricky day on set with clients.Now I get up when I want and usually work on projects late into the night.
My boyfriend makes delicious porridge in the morning which he eats for breakfast around 7am and I usually eat for “breakfast” around noon. I drink lots of tea throughout the day – mostly as an excuse to procrastinate. Usually around 4pm I need some chocolate!I like to have old black and white movies on tv or my laptop in the background while I work.
I go for a walk once a day – usually wandering around the back streets of the neighborhood looking at the Victorian architecture and spotting things I’ve never seen before. I Skype with my sister and her family in Colorado and my Dad in New York.I get lost chatting with friends all over the world on instagram – some of them make me laugh so hard I forget the crazy perilous situation outside our cosy London cottage.My friends in Japan are usually the ones who make me laugh the most.They are so amazing and I am very lucky to have that connection to keep me sane.

—What effect has lockdown had on your life and your work the most?

The lockdown has not had a big effect on me work-wise because most of the time I work from my home studio and I’m used to spending the day here assembling book layouts, working on zines, making scrapbooks and going through projects for future book releases. The lockdown has given me the chance to concentrate on several unfinished pieces, without the usual distractions of life outside in the world. And it’s nice not being on planes for ages. I don’t miss that.
We are spoiled and lucky to have a delicious organic shop on our corner selling everything we need. i actually like spending time with my lockdown buddy (boyfriend Jason) and we both like doing our own things too, so neither of us needs to be kept entertained. we just get on with it the same as always. I miss getting together with friends but with skype and FaceTime it’s not too bad.

—Please tell us something creative you have done at your home.

I am currently shooting a book via Skype / FaceTime from London, with artist/model @arvidabystrom in the suburbs of Stockholm, Sweden.A super fun and liberating way to create a whole body of work.

—What is the first thing you’ll do when quarantine is over?

I’d like to get a rescue dog – hopefully a boxer.
I’ll go to my fave local cafe and drink coffee all afternoon and have a big catch up of hugs and gossip with my neighborhood friends.
I’ll get my next book designed and printed and come back to Japan to release it.

—What do you predict about the world when this is over?

It’s hard to predict what so many different countries and cultures will learn from this. I can only really guess about my immediate space. I hope the industries I work in, advertising/fashion photography, will realize that the irresponsible way they have been conducting business for so long is outdated, unnecessary and wasteful. I hope they will get back to the individuality, spirit and passion that has been missing for a long time due to money becoming the main focus, instead of creating great work. I hope the small businesses that are run with a passionate DIY punk spirit will survive – independent bookstores, small publishers, indy clothing brands, vintage shops, cafes.I think the impact of the virus, even emotionally, will be with everyone in varying degrees for quite some time.

—What do you think about this pandemic?

For me the pandemic is surreal and hard to process. Previously there has been nothing like it in the cities I grew up in – New York and London.
It came out of nowhere and took over the world.
I try not to watch or read too much news as it makes me unnecessarily stressed out about matters I cannot control. All I can do is respect the guidelines in my city for social distancing when going out for exercise, or groceries, and otherwise I stay home and try to concentrate on making art. It’s sad that so many of my friends who run small businesses are in very uncertain financial difficulty. Of course I realize there are bigger issues in the balance, such as peoples lives.
It’s very hard for anyone to imagine what we will return to find, once this is past.
Hopefully we will return to something that is ultimately more sustainable and better for all.

share