nike ispa
launched new collection

身近な素材で問題を解決する、ナイキが考えるイノベーションのあるべき姿

ISPA Live

nike ispa launched new collection
nike ispa launched new collection
News/

身近な素材で問題を解決する、ナイキが考えるイノベーションのあるべき姿

nike ispa
launched new collection

NIKE (ナイキ) のフットウェアデザインは、最初は一人のランナーからはじまり、アスリートの問題を解決することを常に前提として発展してきた。そんな独自のイノベーションやテクノロジーを寄せ集めて、現代を生きる都会のアスリートたちの問題を解決するためのプロジェクト NIKE ISPA から最新の 2020 コレクションが7月10日(金)よりローンチした。

NIKE ISPA を形成するのは、Improvise (即興的工夫)、Scavenge (徹底的な素材の活用)、Protect (守る)、Adapt (応用する、適用させる) という4つの哲学。その目的は、人工的な環境の中にあるユニークかつ変化を続ける課題に対応できる画期的なプロダクトを開発することとし、実験を進めながら、日常で直面する問題を解決する先進的なソリューションとして、機能性と実用性を優先させた適応力の高いフットウェアやアパレルを開発している。

最新コレクションでは、「ナイキ リアクト」や「ナイキ エア ズーム」、「ナイキ Dri-FIT」などのイノベーションに着目。機能的に設計された大胆で新しいシルエットを取り入れたプロダクトは、独創的なビジュアルもさることながら、予想外のさまざまなテックが詰め込まれている。

例えば、「ナイキ ISPA フロー 2020」。アッパーには目の粗いメッシュ素材、さらにアウトソールに穴を開けることで、文字通り必要最小限まで削ぎ落とし、夏の暑さの中で、安定性、スタイルと通気性などを両立させた。グローバル プレゼンテーション時には、上から注いだ水が一気にシューズを通過して流れていく様子が潔く、心地よかったくらい。まるでそよ風を感じながら歩けるシューズは、酷暑が控えるこの夏の救世主になること間違いなし。

ナイキ ISPA フロー 2020 ¥23,650 (税込)

ナイキ ISPA フロー 2020 ¥23,650 (税込)

さらには、アスレジャーたちの問題だけでなく環境問題にも手を差し伸べたプロダクトも。「ナイキ ISPA オーバーリアクト フライニット」は、どうすればもっと快適なシューズが作れるか、という普遍的な悩みに挑戦。足圧と荷重密度の分散図や、着地する足の動きに関するデータを活用し、シューズ内部の素材の組み合わせを構成することで独自の快適さを生み出した。アッパーには、他のシューズで使った残糸も混ぜ合わせることで素材のロスを削減。色の組み合わせは使用された残り糸によって変わるため、全く同じ色が作れないという点にもロマンを感じる。

今回のコレクションローンチを記念して、インタラクティブなデジタル コミュニケーション ラーニング スペースである ISPA Live が全世界で公開。サイト内では、ナイキ ISPA フットウェア デザイナーの Darryl Matthews (ダリル・マシューズ) と Shamees Aden (シャミース・アデン)、ISPA アパレル デザイナ ーの Nur Abbas (ヌーア・アッバス) によるプロダクトについて、アイデアも含めた ISPA のデザイン理念のプレゼンテーションを誰でも視聴することが可能に。さらに、名前入りのオリジナルアセットや ZINE のダウンロードや、パズルゲームなど、NIKE のイノベーションとテクノロジーを掛け合わせたさまざまな体験を詰め込んだスペシャルな空間が広がっている。ぜひ、こちらも合わせてチェックしてみてほしい。

 

share