stella mccartney
launches its first genderless "stella mccartney shared" capsule collection

ステラ マッカートニーから初のジェンダーレスなカプセルコレクションが登場

© Jin Jia Ji

stella mccartney launches its first genderless "stella mccartney shared" capsule collection
stella mccartney launches its first genderless "stella mccartney shared" capsule collection
News/

ステラ マッカートニーから初のジェンダーレスなカプセルコレクションが登場

stella mccartney
launches its first genderless "stella mccartney shared" capsule collection

Stella McCartney (ステラ マッカートニー) がブランド初となるジェンダーレスなカプセルコレクション”Stella McCartney Shared (ステラ マッカートニー シェアード)”を発売した。本コレクションは、サブカルチャーと Stella McCartney の活動家としての価値観を融合。着る人の個性や多様性、気候変動と向き合うポジティブさを讃えるコレクションとなっている。

© Jin Jia Ji

Stella McCartney の精神に共感し、地球環境に変化をもたらそうと活動するチェンジエージェントのためにキュレーションされた本コレクションは、実用性とファッション性の両方を兼ね備え、男性でも女性でも楽しめるラグジュアリーで都会的なスタイルが多数お目見え。

アイコニックなスーツやソフトのダブルコート、トレンチやパファージャケットといったアイテムからロンドン拠点のイラストレーター兼コミックブックアーティストの Will Sweeney (ウィル・スウィーニー) が手がけたグラフィックが配されたアイテムまでが取り揃えられ、新たに視覚的なひねりが加えられたブランドロゴ「Stella McCartney Est.2001」と「23 Old Bond Street – London」の2種類が登場している。また、機能的な構造が特徴のハイキングブーツにラグジュアリーなディテールと大胆な色使いを加えたフットウェアにも注目だ。

本コレクションは、循環型の未来を目指すブランドのコミットメントに忠実な地球にやさしいコレクション。ジャージ素材がTシャツやスウェットに使用され、コットンには従来のコットンに比べ水の使用量が70パーセントも少なく、有毒な殺虫剤や合成肥料を使わずに栽培された100パーセントオーガニックコットンを使用。パーカーにはリサイクルポリエステルを採用し、原材料に使用される石油量を削減している。

Stella McCartneyは、次世代の若者たちが彼女に与えたインスピレーションについて以下のようにコメント。
「アクティブで鋭い洞察力持ち、流動性と多様性を認め合えるコミュニティの形成し、地球とも強く結びつく─次世代の若者たちと、私たちステラ マッカートニーの価値観には多くの共通点が存在します。同じ価値観を持つもの同士、今こそ、もっとダイレクトな話をする時だと思いました。ウェアラブルで大胆なコレクションは、地球環境に変化をもたらすために活動する彼らとの関連性を表現しています。エクスティンクション レベリオン(自然保護を訴える活動家グループ)や、不平等の終結を訴える抗議運動などに象徴されるように、現代の若者たちは、彼らが生まれながらの活動家であり、現状にはっきりノーと言える世代であると何度も証明してくれました。私は、そこにとても刺激を受けています。」

また、ユース サブカルチャーからの具体的なインスピレーションソースについて次のように語っている。
「グレタ・トゥーンベリからマンロー・バーグドルフまで、次世代を代表するアクティビストたちはまぎれもなくカプセルコレクションのインスピレーションです。気候危機との闘いであろうと、マイノリティの権利のためであろうと、彼らが団結して掲げるステートメントが、どれほど強いパワーを持つのか、私たちは目の当たりにしてきました。たとえ大きな課題に直面していても、彼らは互いの個性や多様性を讃え合い、常にポジティブです。彼らの大胆で強靭なスピリットはものすごく刺激的で、とてもステラらしい。ロックダウンを通じてさらにそう感じています。私たちのシェアード カプセルコレクションは、地球環境に変化をもたらそうと活動するチェンジエージェントたちのために作られました。エフォートレスでエッジの効いたジェンダーレスなストリートウェアは、昼間の公園で友人達と行う抗議活動から夜のパーティまで、あらゆるシーンで彼らに寄り添います。」

加えて、本コレクションのグラフィックを手がけた Will Sweeney は以下のように語っている。
「私は現代の若者のもつエネルギーと行動主義(アクティビズム)にとても刺激を受けています。彼らが何らかの楽観的な変化をもたらし、社会全体に希望が戻ることを願っています。政治的な変化を推進するだけではなく、私たちはポジティブな思考や文化活動の成長を刺激するために新しい物語を創造していく必要があります。カプセルコレクションのプリントには、私の作品の多くがそうであるように、これらの概念を反映しています。」

数々のファッションブランドとコラボレーションし、熱狂的なファンを多く持つ Will Sweeney だが、Stella McCartney とのコラボレーションは2015年オータムコレクションぶり。 今回は、70年代のサイケデリックなプリントやメカニカルカーにインスピレーションを受けた印象的なグラフィックやキャラクターがシャツやTシャツにプリントされている。
「当初、私たちは都会的なユートピアをテーマに、ヒエロニムスの『快楽の園』やロジャー・ディーンの作品、1970年代のSFシーンをインスピレーションに取り組みました。そこにアメリカのガソリンスタンドのユニフォーム、DIYのパンクバンドのフライヤー、そして80年代のLPレコードのジャケットのラフでもっとグラフィカルな要素を加えました。あらゆるものの寄せ集めです。これらをフィルタリングし、私独自のやり方で再解釈しました。プリントのデザインを考えすぎるのではなく、自分の潜在意識を先導させようと心がけました。そうして出来上がった素材に、ステラのデザインチームが編集し、アレンジを加えたので、これは本当に素晴らしいコラボレーションプロセスでした。」

「ステラ マッカートニー シェアード カプセルコレクション」は現在、世界中の Stella McCartney のストアおよび公式オンラインストアにて発売中。日本では青山店、新宿伊勢丹店、六本木ヒルズ店、渋谷スクランブルスクエア店、阪急メンズ東京店、名古屋三越店、京都大丸店、阪急うめだ本店、心斎橋大丸店にて展開。展開店舗では、本コレクションの発表を記念して、Paul McCarney (ポール・マッカートニー) の世界未発表曲をBGMとして期間限定で楽しむことができる。同楽曲に合わせてロックダウン中のStella McCartney のロンドン旗艦店で牛の着ぐるみが踊る遊び心抜群の映像も公開されているので、お見逃しなく。

share