maison margiela x reebok
finally launched their shoe collaboration

完売必至!メゾン マルジェラの「タビ」とリーボックの「インスタポンプ フューリー」が融合したとっておきのシューズが発売

maison margiela x reebok finally launched their shoe collaboration
maison margiela x reebok finally launched their shoe collaboration
News/

完売必至!メゾン マルジェラの「タビ」とリーボックの「インスタポンプ フューリー」が融合したとっておきのシューズが発売

maison margiela x reebok
finally launched their shoe collaboration

Maison Margiela (メゾン マルジェラ) と Reebok (リーボック) のパートナーシップによるシューズコレクションが発売された。

話題の Maison Margiela と Reebok のコラボレーションシューズは、2020年春夏「アーティザナル」Co-ed ショーで初披露され、2020年秋冬「デフィレ」Co-ed ショーでは様々なカラーコンビネーションがお目見えした。Maison Margiela のアイコンシューズである「Tabi (タビ)」と Reebok の定番モデル「Instapump Fury (インスタポンプ フューリー)」を融合したこのシューズは、フラットとヒールの2型で展開される。

「Tabi」シューズがデビューしたのは1988年、一方「Instapump Fury」は1994年に登場。どちらも長い年月をかけて様々なアップデートを繰り返し、多くの人々に愛されてきた。Maison Margiela のクリエイティブ・ディレクターである John Galliano (ジョン・ガリアーノ) は今日のエシカルな考え方とサイエンスを反映し、アメリカのスポーツウェアスタジオのクラシックスニーカーとフランスのオートクチュールアトリエのタイムレスなアイコンシューズを融合。Reebok の最新技術を採用して構築されたコラボレーションシューズは、テクノロジーとの会話を繰り返すデジタル世代に贈る新たなステートメントシューズとして提案されている。

「Tabi」シューズのデザインが大胆に施されたアッパー部分には、スニーカーのフィット感を調節できるように開発された Reebok のポンプ構造を採用。フラットタイプには Maison Margiela が2018年にローンチした「Retro Fit (レトロ フィット)」スニーカーのソールデザインを取り入れ、ヒールタイプでは「Instapump Fury」を再解釈。Reebok のオリジナルスニーカー同様、アウターソールとミッドソールは様々なカラーバリエーションのラバーで構築されている。さらに、フラットタイプのミッドソールにはクッション性と衝撃吸収性のある「Hexalite (ヘクサライト)」を内蔵。ヒールタイプは「Graphlite (グラフライト)」のカーボンシャンクがプラトーソールとヒールを支える。

Maison Margiela x Reebok では、シューズのアッパーの背面に Maison Margiela の白いステッチが、かかと部分には Reebok のベクターロゴがほどこされ、まさにファン垂涎のモデルに仕上げられている。カラーは両型とも4色展開。9月23日より本コラボレーションの特設サイト、および伊勢丹新宿阪急うめだ本店阪急メンズの各特設サイトにてオンライン販売がスタートし、すでに完売アイテムも。加えて、10月8日よりメゾン マルジェラ トウキョウ、Dover Street Market Ginza (ドーバー ストリート マーケット ギンザ)、および一部セレクトショップにて発売予定となっているので、お見逃しなく。

share