fendi
collaborates with the JUILLIARD SCHOOL

若きジャズミュージシャンが集結!フェンディがジュリアード音楽院とコラボしたパフォーマンス映像を公開

©FENDI

fendi collaborates with the JUILLIARD SCHOOL
fendi collaborates with the JUILLIARD SCHOOL
News/

若きジャズミュージシャンが集結!フェンディがジュリアード音楽院とコラボしたパフォーマンス映像を公開

fendi
collaborates with the JUILLIARD SCHOOL

Fendi (フェンディ) のストリーミングイベント「FENDI Renaissance – Anima Mundi (フェンディ ルネサンス – アニマ・ムンディ)」シリーズから最新エピソードが公開された。

これまでにローマ、上海、東京、ソウルの各都市で若手ミュージシャンによる卓越した演奏を世界中に届けてきた「FENDI Renaissance – Anima Mundi」。最新エピソードの舞台は、ニューヨーク。パフォーミングアーツ教育の世界的リーダーであるジュリアード音楽院とコラボレーションし、世界的に有名なジュリアード・ジャズ研究プログラムの在学生であるミュージシャン6名で構成されたアンサンブルによる演奏を収録。若きジャズミュージシャンたちの才能にスポットライトを当てた。

ジュリアード音楽院の卒業生でありピューリッツァー賞とグラミー賞の受賞歴を持つトランペット奏者兼作曲家の Wynton Marsalis (ウィントン・マルサリス) 率いるジュリアード・ジャズは、ジャズの歴史と伝統に関する学習と学生を人気の高いジャズ環境に組み込んでいくためのプロの演奏会とを融合した学習プログラム。1960年に設立され、2021年には20周年という大きな節目を迎える。

それぞれがジャズ界において高い評価を得た一流の集団である学生パフォーマーたちは、11月に大学キャンパスでの個人学習を開始したばかり。2020年3月中旬にニューヨーク市がロックダウンされて以降、初めて一緒に演奏することとなった学生たちが集ったのは、リンカーンセンターのアッペル・ルーム・アット・ジャズ。安全性のガイドラインを厳格に守りながらリハーサルおよび撮影は進行された。演奏曲は、修士課程の学生 Aaron Matson (アーロン・マトソン) 作曲「Rollerblading in Harlem (ハーレムでローラーブレード)」のオリジナルスコア。セントラルパークの景色を見下ろしながらの演奏は、圧巻の仕上がりだ。彼らが着用するのはもちろん、FENDI のウィメンズコレクション、および2020-21年秋冬メンズコレクション。

ジュリアード・ジャズの芸術監督である Wynton Marsalis (ウィントン・マルサリス) は、次のように語っている。
「ジュリアード音楽院の学生は、このユニーク、かつグローバルな芸術的ステートメントに参加できることになりとても興奮しています。フェンディは、そのエレガントな衣服やアクセサリーをまとった魅力的なミュージシャンを起用し、各都市の象徴的な建物を背景にした素晴らしい音楽を紹介する、挑発的なエピソードを作成してきました。

ジャズとニューヨークとジュリアード・・・という組み合わせでこの特集を締めくくるのは、ふさわしいことだと思います。ジャズは、個人の自由、集団的クリエイティビティ、人々の持つ回復力を象徴しています。これこそ、どんどん複雑化する世界を効果的にナビゲートしていくのに必要な基礎的な特質なのですから。典型的な現代都市ニューヨークには、もっとも進んだ連結性があります。そしてジュリアード音楽院は、人類の時代を超えたタイムレスな挑戦に対して、若々しい美徳、活力、そして名人技をもたらすのです。

©FENDI

現在のコロナ禍によって、私たちに予測不能な絶えず変化する変数がもたらされました。でもそれは、ジャズにはぴったりなのです! 現在という瞬間を、洞察力と実行力とフィーリングで表現するというアートなのですから。

フェンディは、当学院の学生であるアーロン・マトソンに作曲を依頼し、こういう時代にこそ楽観的に取り組むべくプロジェクトの学生アンサンブル演奏をサポートしていただき、感謝しています。Nick Morgan Lieberman (ニック・モーガン・リーバーマン) 監督は、ほんとに素晴らしい作品を作り上げました。ジャズ、ジュリアード、ニューヨーク、フェンディという 4 者の素晴らしい連携を明確に示しながら・・・。我々はこのプロジェクトに参加できることを誇りに思います」

また、Fendi はあらゆるレベルでのクリエイティビティを助成するという目的のもと、ジュリアード音楽院の学生奨学金への寄付プログラムも開始。音楽、ダンス、ドラマの分野で努力している現役、および将来の若い学生アーティストの高い志を達成するための支援を発表した。

©FENDI

Fendi のチェアマン兼 CEO である Serge Brunschwig (セルジュ・ブランシュウィッグ) は以下のようにコメントしている。
「私たちは、生徒の皆さんが人一倍の努力と献身をもってそれぞれの専攻分野で、最高峰ジュリアード音楽院に入学を認められたことを讃えます。また、それ以上に、技能に対する情熱と、芸術を通して社会に還元するという両者の共通の強い決意こそ、フェンディがジュリアード音楽院に有意義な寄付を行うことを選択した理由です」

「フェンディ ルネサンス – アニマ・ムンディ」の新エピソードは、Fendi の公式サイトおよび公式SNSアカウント、ジュリアード音楽院の公式サイトおよび公式SNSアカウントにて現在視聴可能だ。

share