nana komatsu
with chanel haute-couture at japan academy film prize

小松菜奈がシャネルのクチュールドレスを着てレッドカーペットへ

©CHANEL

nana komatsu with chanel haute-couture at japan academy film prize
nana komatsu with chanel haute-couture at japan academy film prize
News/

小松菜奈がシャネルのクチュールドレスを着てレッドカーペットへ

nana komatsu
with chanel haute-couture at japan academy film prize

第44回日本アカデミー賞授賞式が2021年3月19日に開催。瀬々敬久監督作『糸』で優秀主演女優賞を受賞した女優の小松菜奈が、自身がアンバサダーを務める CHANEL (シャネル) のオートクチュールドレスをまとって、レッドカーペットに登場した。

©CHANEL

中島みゆきの名曲「糸」を映画化し、壮大なスケールのラブストーリーを描いた本作で、菅田将暉とともに主演を務めた小松菜奈。親に頼ることなく、たくましく生きるヒロインを演じ、多くの観客の心をつかんだ。日本アカデミー賞という華やかな舞台では、CHANEL のオートクチュールに身を包んで登場。

小松が着用したのは、バーガンディーのシックな色彩と職人が丁寧に仕上げた極上のツイード素材が一層シルエットの美しさを引き立てるエレガントなロングドレス。ドレスの胸元にほどこされたピンクとバーガンディーのスパンコールで構成された花びらと葉の可憐な刺繍は、メゾンが誇るメティエダール アトリエの一つ、モンテックスが269時間かけて制作。卓越した職人技が存分に発揮された一枚となっている。耳元には、18Kホワイトゴールドとダイヤモンドの「コメット コレクション」イヤリングが輝き、彼女の美しさをより一層引き立てた。CHANEL からは授賞式の会場となったグランドプリンスホテル新高輪で撮影された特別なイメージが到着。また、小松も出演した CHANEL 2021/22年秋冬 プレタポルテ コレクションの Inez & Vinoodh (イネス & ヴィノード) が手がけたポートレートシリーズもお見逃しなく。

 

share