Dior
to launch a new look edition dressed in black and white

ディオール初、千鳥格子をまとったビューティアイコンが限定登場

新宿伊勢丹のイベント会場もドレスアップ。

Dior to launch a new look edition dressed in black and white
Dior to launch a new look edition dressed in black and white
News/

ディオール初、千鳥格子をまとったビューティアイコンが限定登場

Dior
to launch a new look edition dressed in black and white

DIOR(ディオール)シグニチャーの “千鳥格子” をまとった 「ニュー ルック エディション」 が、パルファン・クリスチャン・ディオールのメイクアップコレクションと、フレグランスブランドのメゾン クリスチャン ディオールから限定登場。発売を記念して 2022年1月2日より、新宿伊勢丹では期間限定イベント 「ニュールック アトリエ」 を開催。

千鳥格子をまとったクチュール ケース。詰め替え可能で長く使えるデザイン。ニュー ルック エディション(左から)ディオールスキン フォーエヴァー クッション ¥9,130、ルージュ ディオール 999V ベルベット ¥5,940(ともに 2022年1月1日より限定発売)

DIOR の千鳥格子は1947年2月、メゾン創始者の Christian Dior(クリスチャン・ディオール)が発表した 「ニュールック」 までそのアーカイブを遡ることができる。ファッション界に旋風を巻き起こした 「ニュールック」 コレクションの中でも黒と白の千鳥格子のスーツは際立った存在感を放ち、永遠のディオールコードとして、メゾンの象徴になっている。

このスタイリッシュなパターンへのオマージュを捧げるビューティアイコンたちが、2022年1月に限定登場。アイコンリップ 「ルージュ ディオール」「ルージュ ディオール バーム」 をはじめ、人気ファンデーション 「ディオールスキン フォーエヴァー クッション」 も、中央に CHRISTIAN DIOR のロゴバンドのあるモダンな千鳥格子をまとって登場する。

MAISON CHRISTIAN DIOR ニュー ルック エディション(2022年1月1日より限定発売)

さらに香水を愛する全ての人に扉を開くフレグランス コレクション MAISON CHRISTIAN DIOR(メゾン クリスチャン ディオール)からも、 ニュー ルック エディションが登場。ディオール グレーを香りで表現したエレガントなフローラルの香りの 「グリ ディオール」、Christian Dior のラッキーチャームとしてドレスに縫い込まれたスズランの香り 「ラッキー」、彼が愛したグラースの花畑へと誘う 「ジャスミン デ ザンジュ」 の3種が、アイコニックな千鳥格子をまとって登場する。

伊勢丹新宿では、イベント限定品、スプリング ルックおよび伊勢丹先行発売の新製品もあり。DIOR 史上初となる、千鳥格子をまとった限定ニュー ルック エディションから、新年の気分にマッチする色や香りをぜひ迎えて。

「サンク クルール クチュール 769 チュチュ」(写真右)は伊勢丹新宿店限定品(¥8,580、2022年1月2日より限定発売)。このほか 「ディオールスキン ルージュ ブラッシュ」 からも本店イベント限定色(352 ローズ ダンテル)が登場。

share